慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_26460501seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_26460501seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :389.5 KB
Last updated :Jul 26, 2019
Downloads : 144

Total downloads since Jul 26, 2019 : 144
 
タイトル
タイトル 胆道領域がんの発がん・増殖・進展にかかわる分子機構の解明と臨床治療への応用  
カナ タンドウ リョウイキ ガン ノ ハツガン・ゾウショク・シンテン ニ カカワル ブンシ キコウ ノ カイメイ ト リンショウ チリョウ エノ オウヨウ  
ローマ字 Tando ryoiki gan no hatsugan zoshoku shinten ni kakawaru bunshi kiko no kaimei to rinsho chiryo eno oyo  
別タイトル
名前 Investigation of molecular mechanisms involved in carcinogenesis, proliferation and progression of biliary tract carcinoma and its application to clinical treatment  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 尾島, 英知  
カナ オジマ, ヒデノリ  
ローマ字 Ojima, Hidenori  
所属 慶應義塾大学・医学部・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80342905
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2017  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2016  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
多数の胆道領域がんバイオリソースを用いて, 発がん・増殖・進展に関わる分子機構の解明を行った。その結果, 腫瘍発生部位に関連する4候補遺伝子が見いだされ, 免疫組織学的検討で腫瘍存在部位に一致した発現傾向を得た。腫瘍進展因子IDCC(Intraductal carcinoma component ;上皮内がん成分)に関連する50候補遺伝子の解析では, IDCC陰性群(高悪性度群)に高く発現している遺伝子の多くは転移・浸潤に関連した遺伝子であることが判明し, 臨床病理組的解析結果の裏付けとなった。さらに, これら遺伝子を標的にした新規抗がん剤の前臨床試験も可能なin vitro assay系も確立された。
We have elucidated the molecular mechanisms of carcinogenesis, proliferation and progression of biliary tract carcinoma (BTC) using numerous BTC-related bio-resources. As a result, four candidate genes associated with different sites of tumor locations were found and immunohistochemical study using surgical specimens confirmed the consistency of their expression with the tumor existing sites. Analysis of 50 candidate genes associated with IDCC (Intraductal Carcinoma Component) as one of the histopathological BTC spreading and malignancy factors revealed that many highly expressed genes in the tumor group without IDCC (high-grade group) were involved in tumor malignancy related with metastasis or invasion. This data supported the clinicopathological features of IDCC. Furthermore, we have established in vitro assay system of BTC that enables preclinical study and appropriates parameters for novel anticancer drugs which targeting the above genes.
 
目次

 
キーワード
胆道領域がん  

細胞株  

新鮮切除検体  

遺伝子発現  

データベース  

免疫染色  

前臨床試験  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)(一般)
研究期間 : 2014~2016
課題番号 : 26460501
研究分野 : 医歯薬学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Jul 26, 2019 13:43:25  
作成日
Sep 21, 2017 15:41:03  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Jul 26, 2019    著者,抄録 内容,アクセス条件 を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2016年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 もしも世界がみん... (1001) 1st
2位 人びとはどのよう... (448)
3位 ドイツのSNS対策... (354)
4位 記憶の社会学・序... (337)
5位 伊藤隆太君学位請... (333)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (1093) 1st
2位 アルコール発酵の... (499)
3位 ゴンクール兄弟『... (441)
4位 Instagram解析に... (351)
5位 新参ファンと古参... (346)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース