慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_26420318seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_26420318seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :1.0 MB
Last updated :Sep 21, 2017
Downloads : 571

Total downloads since Sep 21, 2017 : 571
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 人工シナプス用多チャンネル膜電位固定LSIの実現  
カナ ジンコウ シナプスヨウ タチャンネルマク デンイ コテイ LSI ノ ジツゲン  
ローマ字 Jinko shinapusuyo tachannerumaku deni kotei LSI no jitsugen  
別タイトル
名前 Design of multichannel LSI system for artificial synapse based on whole cell voltage clamp method  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 中野, 誠彦  
カナ ナカノ, ノブヒコ  
ローマ字 Nakano, Nobuhiko  
所属 慶應義塾大学・理工学部・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 40286638

名前 樫村, 吉晃  
カナ カシムラ, ヨシアキ  
ローマ字 Kashimura, Yoshiaki  
所属 日本電信電話株式会社NTT物性化学基礎研究所・機能物質科学研究部・主任研究員  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 90393751
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2017  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2016  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究では神経細胞と直接やりとりを行う人工シナプス実現に向けてLSI設計を行った。膜電位固定法と呼ばれる手法を再現しており, 細胞のイオンチャネルを通過する電流を取得するものである。高倍率の電流電圧変換器を設計し高抵抗を標準CMOSプロセスを用いてチップ上に作成し信号取得に必要な周波数帯域を確保しながら低雑音かつ高増幅率を実現した。さらにシステムを多チャネル化し5mm角チップに16チャネルシステムを実装した。
In this study, we designed LSI for realizing artificial synapse which communicate directly with nerve cells. It reproduces the method called whole cell voltage clamp method and acquires the current passing through the ion channel of the cell. LSI chip was designed with high magnification current to voltage converter using high resistance on the chip by standard CMOS process to realize low noise and high amplification ratio while realize the frequency bandwidth required for signal acquisition. The 16-channel system was implemented on 5 mm x 5 mm size chip.
 
目次

 
キーワード
電子デバイス・機器  

集積回路設計  

ブレインマシンインターフェース  

パッチクランプ法  

膜電位固定法  

電流電圧変換回路  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)(一般)
研究期間 : 2014~2016
課題番号 : 26420318
研究分野 : 集積回路設計
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Sep 21, 2017 15:41:02  
作成日
Sep 21, 2017 15:41:02  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2016年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 731部隊と細菌戦 ... (405) 1st
2位 文化資本概念の現... (390)
3位 Spatial animacy ... (367)
4位 新自由主義に抗す... (343)
5位 ガールクラッシュ... (318)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (715) 1st
2位 酢酸エステル類の... (654)
3位 インフルエンサー... (561)
4位 診療上の医師の注... (476)
5位 学生の勉強方法に... (403)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース