慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_25380403seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_25380403seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :89.5 KB
Last updated :Sep 21, 2017
Downloads : 434

Total downloads since Sep 21, 2017 : 434
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 要介護状態を考慮した長寿リスクのモデリングと評価 : ベイズ・アプローチ  
カナ ヨウカイゴ ジョウタイ オ コウリョシタ チョウジュ リスク ノ モデリング ト ヒョウカ : ベイズ・アプローチ  
ローマ字 Yokaigo jotai o koryoshita choju risuku no moderingu to hyoka : Beizu apurochi  
別タイトル
名前 Modeling and evaluating longevity risk in consideration with long term care status  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 小暮, 厚之  
カナ コグレ, アツユキ  
ローマ字 Kogure, Atsuyuki  
所属 慶應義塾大学・総合政策学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80178251
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2017  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2016  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
平均寿命の増加は, 介護状態に陥る可能性の増大を伴う。我が国を始め高齢化を迎えている諸国では, いわゆる「長寿リスク」に加え「介護リスク」に直面している。介護リスクを考察する上で, 死亡率がいかに健康状態(要介護度)と関連するかを把握することが重要となる。しかし, 関連するデータの欠如によって, 死亡率と健康状態のダイナミックな関係に関する研究は乏しい。本研究では, 要介護状態別の死亡数データは欠如しているという想定の下で, 要介護状態に応じた死亡率を予測する新たなモデルを提案し, ベイズ法による予測の枠組みを構築した。この手法を我が国の介護年金制度のデータに適用し, 要介護状態別の死亡率の予測を行った。
Increased human lifetime is accompanied by a greater chance of becoming disabled. Aging populations such as Japan have faced with the so-called long-term care (LTC) risk in addition to the longevity risk. The key element of the solutions is how the mortality is related to health states. However, study on the complicated mortality dynamics between the mortality and the health state is limited due to lack of data. This research has proposed a new methodology to forecast mortality rates by the LTC status under the premise that the death data on the LTC sub-populations are not available, but the corresponding population exposures are available. Based on this model we have constructed a Bayesian methodology to forecast future mortality rates. We have applied the proposed methodology to the data from the Japanese long-term care insurance system and predicted the future mortality rates by the required level of the long-term care.
 
目次

 
キーワード
介護リスク  

長寿リスク  

確率的死亡率モデル  

ベイズ  

アクチュアリアル・サイエンス  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)(一般)
研究期間 : 2013~2016
課題番号 : 25380403
研究分野 : 社会科学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Sep 21, 2017 15:40:57  
作成日
Sep 21, 2017 15:40:57  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2016年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Open-domain dial... (1649) 1st
2位 石垣島の「エコツ... (762)
3位 Bidet toilet use... (540)
4位 731部隊と細菌戦 ... (469)
5位 新自由主義に抗す... (372)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (1055) 1st
2位 インフルエンサー... (501)
3位 石垣島の「エコツ... (439)
4位 興味が引き起こさ... (438)
5位 刑法における因果... (425)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース