慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_24500095seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_24500095seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :465.1 KB
Last updated :Jul 31, 2019
Downloads : 669

Total downloads since Jul 31, 2019 : 669
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 多様なセンサからデータを取得するゼロ電力すれ違い通信システムの実現  
カナ タヨウナ センサ カラ データ オ シュトクスル ゼロ デンリョク スレチガイ ツウシン システム ノ ジツゲン  
ローマ字 Tayona sensa kara deta o shutokusuru zero denryoku surechigai tsushin shisutemu no jitsugen  
別タイトル
名前 Zero communication power opportunistic communications system  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 三次, 仁  
カナ ミツギ, ジン  
ローマ字 Mitsugi, Jin  
所属 慶應義塾大学・環境情報学部・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 40383921
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2015  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2014  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
気象観測や構造物の故障診断をターゲットに, センサの情報をすれ違いざまに取得するシステムの実現に向け研究開発を行った。基本構想は, センサ側で必要となる通信に必要な電力を読み取り装置から供給するパッシブ無線システムを適用し, センサ中の通信サブシステムとセンシングサブシステムが不揮発性メモリを共有することにある。多少の読み漏らしを許容する仮想タグ方式, 安定に電力を供給するためのアンテナ指向制御, 高速・非同期な情報通信を簡単なデバイスで実現するマルチサブキャリア通信方式, 様々な種類のRFタグとインターネットでそうしたセンサ情報を収集している情報システムを柔軟・効率的に結びつける情報システムを開発した。
The objective of this research is to develop a set of technology to realize zero-communications power opportunistic sensor data retrieval. The feature of this research is the use of dual interface passive communication in which the communication subsystem and sensing subsystem inside a sensor share a common NVRAM. Since the sensor data is empowered and executed by passive communications. There is no need to synchronize the sensing timings and transmitting timings, which yields extremely low power consumption sensing systems. We developed virtual tag system to handle inevitable RF tag read failure. A lightweight antenna direction control provides an extended reading time. We also developed a brand new multisubcarrier transmission scheme to speed up and synchronize the sensor readings. To properly interconnect sensor application and each sensor RF tag data, we propose an information system architecture with which we can efficiently control and share the data obtained from sensors.
 
目次

 
キーワード
RFID  

すれ違い通信  

高速通信  

情報システム  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)
研究期間 : 2012~2014
課題番号 : 24500095
研究分野 : 無線通信
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Jul 31, 2019 16:12:03  
作成日
Apr 11, 2016 10:29:34  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Jul 31, 2019    著者,抄録 内容,ジャンル を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2014年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Open-domain dial... (1615) 1st
2位 石垣島の「エコツ... (710)
3位 Bidet toilet use... (520)
4位 731部隊と細菌戦 ... (500)
5位 新自由主義に抗す... (384)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (1036) 1st
2位 インフルエンサー... (505)
3位 石垣島の「エコツ... (427)
4位 酢酸エステル類の... (402)
5位 興味が引き起こさ... (401)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース