慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_24530786seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_24530786seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :108.0 KB
Last updated :Jul 30, 2019
Downloads : 336

Total downloads since Jul 30, 2019 : 336
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 環境・健康リスクの事例に基づく利害調整の手続きと結果の評価に関するゲーミング研究  
カナ カンキョウ・ケンコウ リスク ノ ジレイ ニ モトズク リガイ チョウセイ ノ テツズキ ト ケッカ ノ ヒョウカ ニ カンスル ゲーミング ケンキュウ  
ローマ字 Kankyo kenko risuku no jirei ni motozuku rigai chosei no tetsuzuki to kekka no hyoka ni kansuru gemingu kenkyu  
別タイトル
名前 Evaluation of the procedures and the outcomes about resolving conflicts based on cases of environmental and health risks using gaming simulations  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 杉浦, 淳吉  
カナ スギウラ, ジュンキチ  
ローマ字 Sugiura, Junkichi  
所属 慶應義塾大学・文学部・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70311719

名前 吉川, 肇子  
カナ キッカワ, トシコ  
ローマ字 Kikkawa, Toshiko  
所属 慶應義塾大学・商学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70214830
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2015  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2014  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究の目的は環境および健康リスクに関する利害葛藤という現実の課題について, ゲーミング・シミュレーションを開発し, その課題解決の手続きと結果の評価について検討する。ゲーミング・シミュレーションでは, 直接観察することが困難なことについて社会現象を単純で現実の制約から解放された状況を作り出し, 課題解決の要因を探索的に検討することができる。ここでは利害の異なるステークホルダー間での合意形成のプロセスを研究や教育を目的として開発されてきたゲームを応用して明らかにした。参加者ははじめに個人の選好を表明する。ゲームでは個人の選好が可視的に表現され, それぞれの選好に基づいた合意形成を促進させるものである。
The purpose of this study is to develop gaming simulation as a tool for examining the procedure of resolving conflicts regarding environmental and health risks. Generally, simulation games create possibilities for exploring social phenomena that would be difficult to observe directly by recreating the relevant situations in a simple and safe environment. In this research, the process of consensus building among stakeholders was examined using simulation games, which were developed as a tool for both research and education. These games require a group to determine one unanimous preference from a set of options. Participants represent their preferences at the beginning of the game. The game visually represents each participant's preference and facilitates consensus building on the basis of their preference. When a social decision is made, the deliberation procedure leading up to making the social decision is examined, referring to the mutual preference.
 
目次

 
キーワード
リスク  

環境  

健康  

ゲーミング・シミュレーション  

利害調整  

合意形成  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)
研究期間 : 2012~2014
課題番号 : 24530786
研究分野 : 社会心理学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Jul 30, 2019 13:40:23  
作成日
Apr 11, 2016 09:58:18  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Jul 30, 2019    著者,著者版フラグ を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2014年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 731部隊と細菌戦 ... (405) 1st
2位 文化資本概念の現... (390)
3位 Spatial animacy ... (367)
4位 新自由主義に抗す... (343)
5位 ガールクラッシュ... (318)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (715) 1st
2位 酢酸エステル類の... (654)
3位 インフルエンサー... (561)
4位 診療上の医師の注... (476)
5位 学生の勉強方法に... (403)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース