慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_25830134seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_25830134seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :636.7 KB
Last updated :Aug 2, 2019
Downloads : 240

Total downloads since Aug 2, 2019 : 240
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 転移因子を抑制する新規小分子RNA機能の解析  
カナ テンイ インシ オ ヨクセイスル シンキ ショウブンシ RNA キノウ ノ カイセキ  
ローマ字 Teni inshi o yokuseisuru shinki shobunshi RNA kino no kaiseki  
別タイトル
名前 Identification and characterization of transposable element-regulating small RNAs  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 岩崎, 由香  
カナ イワサキ, ユカ  
ローマ字 Iwasaki, Yuka  
所属 慶應義塾大学・医学部・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80612647
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2015  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2014  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
霊長類生殖組織における小分子RNAを介したトランスポゾンの発現抑制に関しては未知の部分が大きい。そこで, 霊長類モデル生物マーモセットの小分子RNAを次世代シーケンサにより網羅的に解析した。その結果, マーモセット精巣において, トランスポゾン領域由来の新規miRNAなどを同定すると同時に, 発現している小分子RNAの大部分がpiRNAに占められていることを見いだした。piRNAについて詳細な解析を進めたところ, 多くがトランスポゾン類似配列やトランスポゾン自身に由来していた。さらに, トランスポゾンの転移能と発現するpiRNA量などの特徴を解析し, piRNAによるトランスポゾン抑制モデルを提唱した。
Small RNAs mediate transposable element (TE) silencing by binding Argonaute/Piwi proteins. Here, we describe small RNA profiling of the adult testes of Callithrix jacchus, a model primate. We identified 353 novel miRNAs, which some originated from TEs. Meanwhile, the most abundant class of small RNAs in the adult testis was piRNAs. Therefore, we generated an antibody for MARWI, a marmoset PIWI protein, and performed high throughput sequencing analysis. MARWI-piRNAs show characteristics of mouse pachytene piRNAs, and are mostly derived from conserved clustered regions in the genome, known as pIRNA clusters. Further analysis revealed that strand bias observed for piRNAs mapped to each TE subfamily correlates with the polarity of TE copies inserted in clusters. Also, more piRNAs map to TE subfamilies when they have copies in piRNA clusters. These findings suggest that TE insertions to pachytene piRNA clusters determine abundance and strand-bias of TE-derived piRNAs.
 
目次

 
キーワード
小分子RNA  

トランスポゾン  

遺伝子発現抑制  

生殖組織  

非コードRNA  

RNAサイレンシング  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(B)
研究期間 : 2013~2014
課題番号 : 25830134
研究分野 : 分子生物学, ゲノム生物学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Aug 02, 2019 10:21:03  
作成日
Apr 11, 2016 09:45:51  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Aug 2, 2019    著者,抄録 内容,本文URI URI を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2014年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Human body pose ... (333) 1st
2位 DAOの法的地位と... (260)
3位 個人・組織両面で... (247)
4位 新自由主義に抗す... (240)
5位 「余白的コミュニ... (240)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 人と違っててもい... (3880) 1st
2位 なぜ神が存在する... (706)
3位 気象変化による片... (594)
4位 サイバーセキュリ... (499)
5位 江藤名保子君学位... (382)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース