慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_23591849seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_23591849seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :168.1 KB
Last updated :Dec 11, 2014
Downloads : 988

Total downloads since Dec 11, 2014 : 988
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 癌幹細胞の誤修復誘導による放射線増感を利用した新たな治療戦略の開発  
カナ ガン カン サイボウ ノ ゴシュウフク ユウドウ ニ ヨル ホウシャセン ゾウカン オ リヨウ シタ アラタナ チリョウ センリャク ノ カイハツ  
ローマ字 Gan kan saibo no goshufuku yudo ni yoru hoshasen zokan o riyo shita aratana chiryo senryaku no kaihatsu  
別タイトル
名前 Misrepair using radiosensitizer and radiosensitivity under non cycling cells  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 川田, 哲也  
カナ カワタ, テツヤ  
ローマ字 Kawata, Tetsuya  
所属 慶應義塾大学・医学部・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60234077

名前 深田, 淳一  
カナ フカダ, ジュンイチ  
ローマ字 Fukada, Junichi  
所属 慶應義塾大学・医学部・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 50338159
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2014  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2013  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
グリオーマ細胞を用いてX線、粒子線での染色体異常解析を解析した。放射線増感効果が期待できるNBS1遺伝子の阻害剤であるmirinでCD133+, CD133-細胞で比較を行った。CD133+のstem like cellはCD133-細胞と比較するとAKTの活性化が促進されることがわかった。DNA損傷を修復する能力がCD133+のstem like cellは高いことが示唆された。また、正常線維芽細胞の静止期細胞に粒子線およびX線を照射しPLDRに関しても検討を行った。エックス線とことなり粒子線では非対数増殖期でも誤修復が多くPLDRが欠損する原因と考えられ粒子線治療の有効性が示唆された。
We have demonstrated whether AKT is important molecular targets to control the radioresistance through the activation of phospholitated AKT compared between CD133+ and CD133- glioma tumour cells after ionizing radiation treatment. We showed IR-induced AKT phosphorylation in CD133+ tumour cells than CD133- tumour cells when mirin was used. Our data suggested that the tumour cells expressing CD133+, a maker for the stem cell, was induced the activation of AKT more than CD133- cells after radiation. From this result, it may be said that CD133+cells have greater repair activation in response to DNA damage in cellular radiosensitivity. Confluent normal cells were exposed to X-rays and heavy ions and PLDR was studied using FISH technique. It was found that heavy ions induce similar exchanges between PLDR and PLD condition, suggesting that heavy ion therapy is as effective to non-cycling cells as cycling cells.
 
目次

 
キーワード
幹細胞  

静止期細胞  

放射線増感  

PLDR  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)
研究期間 : 2011~2013
課題番号 : 23591849
研究分野 : 医歯薬学
科研費の分科・細目 : 内科系臨床医学・放射線科学
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 11, 2014 11:32:17  
作成日
Dec 11, 2014 11:32:17  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2013年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (609) 1st
2位 実践的推論の合理... (449)
3位 新自由主義に抗す... (444)
4位 統治の思想と実務... (395)
5位 Brain Tech guide... (316)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (1163) 1st
2位 なぜ日本ユニテリ... (846)
3位 独ソ不可侵条約と... (775)
4位 アセトアニリドの... (602)
5位 インフルエンサー... (390)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース