慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_23510262seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_23510262seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :297.4 KB
Last updated :Dec 11, 2014
Downloads : 1350

Total downloads since Dec 11, 2014 : 1350
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 有機電気化学的手法を活用する有用生物活性物質の創製研究  
カナ ユウキ デンキ カガクテキ シュホウ オ カツヨウスル ユウヨウ セイブツ カッセイ ブッシツ ノ ソウセイ ケンキュウ  
ローマ字 Yuki denki kagakuteki shuho o katsuyosuru yuyo seibutsu kassei busshitsu no sosei kenkyu  
別タイトル
名前 Synthesis of biologically important molecules by means of elencrochemical procedures  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 西山, 繁  
カナ ニシヤマ, シゲル  
ローマ字 Nishiyama, Shigeru  
所属 慶應義塾大学・理工学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 20137988
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2014  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2013  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
環境に負荷のかからない有機電機化学の方法論により、有用な生物活性物質の合成を行った。すなわち、含ホウ素ダイヤモンド電極をメタノール中陽極として用いた場合においてメトキシラジカルが反応活性種として発生することを明らかにし、有用な化合物の合成に適用した。さらに、同電極により還元反応を行って新規ネオリグナンの合成を行った。また、連続して電極反応を行うことにより活性物質の重要な部分構造を合成するとともに、電解酸を活用した新しいオルソエステルのグリコシル化反応を見出した。以上のように電気エネルギーを駆使した新しい物質合成の方法論を開発した。
A new synthetic methodology provided biologically important organic molecules by using environmentally benign electroorganic chemistry. Active species of anodic oxidation in methanol solvent employing the boron-doped diamond electrode, was determined to be a methoxy radical, and application of this electrode to organic synthesis produced several new molecules involving new-type neolignans. In addition, the core diary ether moiety of several bioactive substances was synthesized by successive electrochemical reactions. A new glycosidation was developed by reactions of extremely stable sugar orthoesters with appropriate aglycons in the presence of electrogenerated acid. As mentioned above, new synthetic procedures using electric energy have been proposed.
 
目次

 
キーワード
陽極酸化  

陰極還元  

有機電気化学  

ダイヤモンド電極  

超原子価ヨウ素  

メトキシラジカル  

生物活性物質  

電解酸  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)
研究期間 : 2011~2013
課題番号 : 23510262
研究分野 : 複合新領域
科研費の分科・細目 : 生物分子科学・生物分子科学
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 11, 2014 11:29:54  
作成日
Dec 11, 2014 11:29:54  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2013年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 731部隊と細菌戦 ... (403) 1st
2位 Spatial animacy ... (402)
3位 文化資本概念の現... (334)
4位 新自由主義に抗す... (329)
5位 ガールクラッシュ... (313)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (744) 1st
2位 酢酸エステル類の... (700)
3位 インフルエンサー... (562)
4位 診療上の医師の注... (552)
5位 外国判決の承認に... (547)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース