慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00100104-19680300-0101  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00100104-19680300-0101.pdf
Type :application/pdf Download
Size :875.7 KB
Last updated :Jan 24, 2012
Downloads : 1094

Total downloads since Jan 24, 2012 : 1094
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 日本準管区長P・ゴメスの強制改宗権論批判 : 「神学綱要」第一部・第六十八章  
カナ ニホン ジュンカンクチョウ P・ゴメス ノ キョウセイ カイシュウケンロン ヒハン : 「シンガク コウヨウ」 ダイイチブ・ダイロクジュウハッショウ  
ローマ字 Nihon junkankucho P Gomesu no kyosei kaishukenron hihan : "Shingaku koyo" daiichibu dairokujuhassho  
別タイトル
名前 The comment of P. Gomez S. J., Viceprovincial of Japan, on the problem of forced conversion  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 井出, 勝美  
カナ イデ, カツミ  
ローマ字 Ide, Katsumi  
所属 慶応義塾大学大学院博士課程  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
東京  
出版者
名前 三田史学会  
カナ ミタ シガクカイ  
ローマ字 Mita shigakukai  
日付
出版年(from:yyyy) 1968  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 史学  
翻訳 The historical science  
40  
4  
1968  
3  
開始ページ 101(661)  
終了ページ 110(670)  
ISSN
03869334  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
聖フランシスコ・ザビエルは、主君に対して家臣の絶対的服従と献身が要求された十六世紀日本の社会機構にいち早く着目して、いわゆる、上からの布教方法metodo verticalを採用した。しかして、爾後、来日したヨーロツパ人宣教師は、何れもこのザビエルの布教方針を継承した。所で、この場合、大名や領主を通じてキリスト教への強制的改宗が行なわれたのではなかつたのか?日本準管区長P・ゴメス(Pedro Gomez, S.J. 1535-1600在位 1590-1600)の「神学綱要」第一部・第六十八章は、この疑問に対する解答を与えるものである。
St. Francis Xavier noted promptly the social organization of Japan in the 16th century, in which the absolute obedience of the vassals to their chiefs or daimyos (大名) had been accustomed to be required. And he adopted the so-called vertical method of mission: from chief to subjects. All missionaries who came to Japan afterward, followed continually this Xavier's method. Then, did not exist the peril of forced conversion through the chiefs or daimyos (大名)? P. Gomez S. J., viceprovincial of Japan (1590-1600), answers the question in his magnificent "Compendium Catholicae Veritatis", Pars I. Cap. 68. He treats this theme under the title, "Quando infideles gentiles possunt compelli ad fidem recipiendam. Cap. 68." He explains the different two opinions that existed in the Catholic Church: the one admits that it is legitimate to convert infidels by force of their Christian chiefs; according to other opinion, it is not at all legitimate to convert them in such a coercive way. P. Gomez qualifies the latter opinion as "verior et a nobis tenenda", proving its reasonableness in details in the " Cap. 68 ", above mentioned. He confirms his arguments based on the following authorities; S. Thomas, Thomas de vio Cayetanus, O. P., Duns Scotus, Francisco de Vitoria, O. P., I.Corinthians, C. 5, 12-13, Matthew, C. 10, 8-9, 14-15, Chrisostomus, the-decrees of Council of Trent, Ambrosius, and Augustinus etc.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Jan 24, 2012 09:00:00  
作成日
Jan 24, 2012 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 文学部 / [史学] 史学 / 40 (1967) / 40(4) 196803
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 文化資本概念の現... (506) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (456)
3位 新自由主義に抗す... (372)
4位 石垣島の「エコツ... (275)
5位 ガールクラッシュ... (267)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (788) 1st
2位 酢酸エステル類の... (578)
3位 アルコール発酵の... (498)
4位 インフルエンサー... (491)
5位 アーカイヴと思考... (436)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース