慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
0402-0801-0200  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
0402-0801-0200.pdf
Type :application/pdf Download
Size :416.6 KB
Last updated :Feb 26, 2024
Downloads : 1647

Total downloads since Feb 26, 2024 : 1647
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 「地域・コミュニティの当事者問題解決能力の向上」グループの活動と成果  
カナ 「チイキ・コミュニティ ノ トウジシャ モンダイ カイケツ ノウリョク ノ コウジョウ」 グループ ノ カツドウ ト セイカ  
ローマ字 "chiiki komyuniti no tojisha mondai kaiketsu noryoku no kojo" gurupu no katsudo to seika  
別タイトル
名前 Activities and Outcomes of the Research Group for "Community Governance through Empowerment of Persons Concerned"  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 大江, 守之  
カナ オオエ, モリユキ  
ローマ字 Oe, Moriyuki  
所属 慶應義塾大学総合政策学部教授  
所属(翻訳) Professor, Faculty of Policy Management, Keio University  
役割  
外部リンク  
 
出版地
藤沢  
出版者
名前 慶應義塾大学湘南藤沢学会  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク ショウナン フジサワ ガッカイ  
ローマ字 Keio gijuku daigaku shonan fujisawa gakkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2008  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 Keio SFC journal  
翻訳  
8  
1  
2008  
 
開始ページ 21  
終了ページ 32  
ISSN
13472828  
ISBN
9784877383480  
DOI
URI
JaLCDOI
10.14991/003.00080001-0021
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本論文では、「地域・コミュニティの当事者問題解決能力の向上」グループの活動とその成果の概要について紹介している。この5 年間の活動を通して、特に大都市郊外において高齢者の居住を安定的に維持していくには「弱い専門システム」の構築が必要であるという結論に到達した。1960 年代、70 年代に郊外に住み始めた大都市第一世代の家族は、1990 年代に入ると子どもの離家とともに変化しはじめた。この世代の先頭にいる1930 年代生まれは後期高齢者に入りつつあり、その一部は配偶者を亡くして一人暮らしに移行している。これまで家族のなかで行なわれていた相互扶助は、行政や市場が提供する専門サービスのみでは代替できず、また地域社会もそうしたサービスを供給する機能を持たない状況のなかでは、当事者が相互支援を通して問題解決に立ち向かうことを助ける「弱い専門システム」が必要になっている。
  In this paper, we summarized the activities and outcomes of the research group for “Community Governance through Empowerment of Persons Concerned”. Through the activities for five years, we have come to the conclusion that it is necessary to establish the “weak expert system” in order to sustain the livelihood of the aged especially in the suburbs of metropolitan areas. The family of the first generation that stated to live in the suburbs in the 1960s and 1970s has been changing since 1990’s with leaving home of children. Those at the forefront of the generation born in the 1930s are currently entering the latter stage of old age and a part of them are transitioning to living alone with the death of spouses. Only strong expert system like administrative system or market mechanism that supply specialized services cannot substitute for mutual support within family. In the situation that community network doesn’t have the function to produce services, it is critically important to develop the “weak expert system” that empowers persons concerned to solve the problems through mutual independent support in community.
 
目次

 
キーワード
コミュニティ  

当事者  

支援  

弱い専門システム  

大都市郊外  
NDC
 
注記
総合政策学特別号
特集論文
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 26, 2024 16:40:08  
作成日
Jan 20, 2009 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Aug 24, 2009    コメント, フリーキーワード, 抄録, 本文, キーワード を変更
Feb 26, 2024    JaLCDOI,注記 注記 を変更
 
インデックス
/ Public / 湘南藤沢 / Keio SFC journal / 8(1) 2008
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 731部隊と細菌戦 ... (403) 1st
2位 Spatial animacy ... (402)
3位 文化資本概念の現... (334)
4位 新自由主義に抗す... (329)
5位 ガールクラッシュ... (313)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (744) 1st
2位 酢酸エステル類の... (700)
3位 インフルエンサー... (562)
4位 診療上の医師の注... (552)
5位 外国判決の承認に... (547)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース