慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00234610-20231001-0001  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00234610-20231001-0001.pdf
Type :application/pdf 本文公開前
Size :441.9 KB
Last updated :Apr 2, 2024
Downloads : 0

Total downloads since Apr 2, 2024 : 0
 
本文公開日
2024-10-01  
タイトル
タイトル リスク回避の差異とエージェンシーコスト : 契約理論によるイノベーション, 貧困, 格差の分析を視野に入れて  
カナ リスク カイヒ ノ サイ ト エージェンシー コスト : ケイヤク リロン ニ ヨル イノベーション, ヒンコン, カクサ ノ ブンセキ オ シヤ ニ イレテ  
ローマ字 Risuku kaihi no sai to ējenshī kosuto : keiyaku riron ni yoru inobēshon, hinkon, kakusa no bunseki o shiya ni irete  
別タイトル
名前 Heterogenious risk aversion and agency cost : toward contract-theoretical analysis of innovation, poverty and inequality  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 津曲, 正俊  
カナ ツマガリ, マサトシ  
ローマ字 Tsumagari, Masatoshi  
所属 慶應義塾大学経済学部  
所属(翻訳) Faculty of Economics, Keio University  
役割  
外部リンク  
 
出版地
東京  
出版者
名前 慶應義塾経済学会  
カナ ケイオウ ギジュク ケイザイ ガッカイ  
ローマ字 Keiō gijuku keizai gakkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2023  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 三田学会雑誌  
翻訳 Mita journal of economics  
116  
3  
2023  
10  
開始ページ 205 (1)  
終了ページ 230 (26)  
ISSN
00266760  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
10.14991/001.20231001-0001
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
リスク回避度の異なるエージェントが存在する環境でのプリンシパル=エージェントモデルを分析する。努力水準に関する情報の非対称性があるとき,エージェンシーコストの観点から,リスクの高いイノベーション活動をリスク回避度の低い個人へ,ルーティンに従うとリスクなく成果が出る活動をリスク回避度の高い個人へ割り当てることが望ましい。また,リスク回避度に関する情報の非対称性があるとき,最適契約においてリスク回避度の低い個人が高い期待報酬を受け取る。豊かな環境でリスク回避度が低くなるという既存の実証研究を踏まえて,イノベーション活動の豊かな社会への集中や,貧困や所得格差の固定化などの経済現象の説明への応用可能性を議論する。
This article studies a principal-agent model in the presence of agents who differ in risk aversion. When the agent’s effort is not observable, the agency cost can be reduced by the assignment of less risk averse agent to risky innovative tasks and of more risk averse agent to routine tasks where risk is eliminated by diligent works. The asymmetric information regarding risk aversion also explains a higher expected wage of less risk averse agent. Based on existing empirical studies which support that agents tend to become less risk averse in wealthier environments, these results may explain the concentration of innovative activities to the wealthier societies and the economic persistence of poverty and income inequality.
 
目次

 
キーワード
リスク回避度  

情報の非対称性  

プリンシパル=エージェントモデル  

イノベーション  

貧困  

risk aversion  

asymmetric information  

principal-agent model  

innovation  

poverty  
NDC
 
注記
原著論文
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Apr 02, 2024 10:16:00  
作成日
Mar 14, 2024 13:20:43  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Mar 14, 2024    インデックス を変更
Apr 2, 2024    プレビュー,本文,抄録 内容 を変更
 
インデックス
/ Public / 経済学部 / 三田学会雑誌 / 116 (2023) / 116(3) 202310
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 慶應義塾大学日吉... (980) 1st
2位 「危険の予見可能... (564)
3位 731部隊と細菌戦 ... (384)
4位 新自由主義に抗す... (380)
5位 ガールクラッシュ... (343)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (954) 1st
2位 渋沢栄一と朝鮮 :... (779)
3位 731部隊と細菌戦 ... (770)
4位 酢酸エステル類の... (696)
5位 慶應義塾大学日吉... (652)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース