慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2021000003-20210079  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2021000003-20210079.pdf
Type :application/pdf Download
Size :112.5 KB
Last updated :Feb 16, 2024
Downloads : 38

Total downloads since Feb 16, 2024 : 38
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル トポロジカル・サイエンス  
カナ トポロジカル・サイエンス  
ローマ字 Toporojikaru saiensu  
別タイトル
名前 Topological sciences  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 新田, 宗土  
カナ ニッタ, ムネト  
ローマ字 Nitta, Muneto  
所属 慶應義塾大学商学部教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2022  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2021  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
中性子星内部で実現される中性子の3P2超流動において、基底状態の分類、渦のコアの構造、スピン偏極した新しい相について議論した。
2世代クォークの高密度QCDにおいて、渦のトポロジカルな閉じ込め、渦の貫いた3P2中性子超流動とのクロスオーバーについて議論した。3世代クォークの高密度QCDにおいてカイラル非アーベリアン渦を発見した。
カイラル磁性体について、マグノンの有効理論、ドメイン壁について議論した。
2ヒッグス2重項模型における安定なZストリングについて議論した。
トポロジカルなアクシオン電磁気学において4群とトフーフト量子異常について議論した。
冷却原子気体において、渦に捕らわれた不純物による化学結合と、冷却フェルミ気体において、半径方向のFFLO状態をを議論した。
O(3)模型について調べた。
CPN模型における分数スキルミオンを構成した。
オービフォルド・ブラックホールを構成した。
I have discussed classification of uniform states, core structures of vortices, and spin-imbalanced new phase in 3P2 neutron superfluids in neutron stars.
I have discussed topological confinement of vortices and vortices penetrating through a crossover to 3P2 neutron superfluids in 2-flavor dense QCD. I have found chiral non-Abelian vortices in 3-flavor dense QCD.
I have discussed effective theory of magnons and domain walls in chiral magnets.
I have discussed stable Z-strings in two-Higgs doublet models.
I have discussed 4-group and 't Hooft anomaly in topological axion electrodynamics.
I have constructed chemistry by vortex-trapped quantum impurities in Bose-Einstein condensates and radial FFLO states in ultracold atomic gases.
I have studied the O(3) model.
I have constructed fractional Skyrmion molecules in a ℂPN model.
I have constructed orbifold black holes.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 16, 2024 14:11:03  
作成日
Feb 16, 2024 14:11:03  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 16, 2024    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2021年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 731部隊と細菌戦 ... (403) 1st
2位 Spatial animacy ... (402)
3位 文化資本概念の現... (334)
4位 新自由主義に抗す... (329)
5位 ガールクラッシュ... (313)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (744) 1st
2位 酢酸エステル類の... (700)
3位 インフルエンサー... (562)
4位 診療上の医師の注... (552)
5位 外国判決の承認に... (547)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース