慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2021000003-20210239  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2021000003-20210239.pdf
Type :application/pdf Download
Size :116.5 KB
Last updated :Feb 16, 2024
Downloads : 40

Total downloads since Feb 16, 2024 : 40
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル くも膜下出血後早期脳損傷治療標的としての大脳皮質毛細血管内皮細胞由来遺伝子の検討  
カナ クモマクカ シュッケツゴ ソウキ ノウ ソンショウ チリョウ ヒョウテキ トシテノ ダイノウ ヒシツ モウサイ ケッカン ナイヒ サイボウ ユライ イデンシ ノ ケントウ  
ローマ字 Kumomakuka shukketsugo sōki nō sonshō chiryō hyōteki toshiteno dainō hishitsu mōsai kekkan naihi saibō yurai idenshi no kentō  
別タイトル
名前 Investigation of cerebral cortical capillary endothelial cell-derived genes as therapeutic targets for early brain injury after subarachnoid hemorrhage.  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 高橋, 里史  
カナ タカハシ, サトシ  
ローマ字 Takahashi, Satoshi  
所属 慶應義塾大学医学部臨床教室専任講師 (有期・医学部)  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2023  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2021  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
Neurovascular Unit(NVU)崩壊が確認されているくも膜下出血(subarachnoid hemorrhage: SAH)モデルマウス作成後72時間の時点で脳毛細血管内皮細胞における遺伝子の発現解析を行った。
SAHモデルマウスとしてはNVUの崩壊を組織学的SAHモデルマウスとしてはNVUの崩壊を組織学的に確認しているマウス自家血注入前方循環モデルを用いた。モデル作成時に頭蓋内圧を測定し、神経症状と併せてモデルマウスを重症群と軽症群に分けた。それぞれをSAH後72時間に安楽死させ、脳を取り出し、初代培養脳毛細血管内皮細胞を得た。重症群および軽症群、コントロール群のマウスから得た脳毛細血管内皮細胞それぞれからRNAを抽出し、マイクロアレイ解析を行いSAHの影響を受けて発現が低下する10個の遺伝子を同定した。
一方、自験のSAH患者血液中において、コントロール群である未破裂脳動脈瘤患者血清中と比べて発現が上昇していることが明らかになった27個のマイクロRNAを同定し、ネット上のデータベースであるTarget scan (http://www.targetscan.org/vert_72/)でin silicoの標的遺伝子を検索し、前述の研究結果において血管内皮細胞で発現が低下しているものを標的としているか否かを検討した。解析の結果、患者血清の解析から同定されたマイクロRNA(hsa-miR-619-5p)は内皮細胞の遺伝子発現解析で同定された10個の遺伝子のうちの3つの遺伝子を標的としていた。反対にSAHを生じた内皮細胞において発現が低下していることが明らかになったGpx8とSoat1はSAH患者血清の解析から同定された4つのそれぞれ異なるマイクロRNAから標的とされていた。hsa-miR-619-5pはGpx8とSoat1の両方を標的としていた。
以上の検討からGpx8とSoat1はくも膜下出血後早期脳損傷に関与しており、治療標的となり得る可能性が示唆された。
Expression analysis of genes in cerebral capillarywas performed at 72 hours after creation of a mouse model of subarachnoid hemorrhage (SAH) with documented Neurovascular Unit (NVU) collapse.
As a SAH model mouse, the autologous blood anterior circulation injection model which histologically confirmed the collapse of NVU was used. Intracranial pressure was measured at the time of model creation, and the model mice were divided into severe group and mild group in conjunction with neurological symptoms. Each was euthanized 72 h after SAH, and brains were removed to obtain primary cultured brain capillary endothelial cells. RNA was extracted from brain capillary endothelial cells obtained from mice in the severe and mild groups and the control group, respectively, and microarray analysis was performed to identify 10 genes whose expression decreased as affected by SAH.
On the other hand, we identified 27 microRNAs whose expression was found to be elevated in the blood of SAH patients compared with the serum of patients with unruptured cerebral aneurysms, a control group, and searched in silico for target genes in Target scan (http://www.targetscan.org/vert_72/), a database on the nets to determine whether they targeted those whose expression was reduced in vascular endothelial cells in the aforementioned study results. Analysis revealed that microRNAs (hsa-miR-619-5p) identified from the analysis of patient-sera targeted three genes out of 10 genes identified in the gene expression analysis of endothelial cells. On the other hand, Gpx8 and Soat1, which were found to have decreased expression in endothelial cells that gave rise to SAH, were targeted by four distinct microRNAs identified from the analysis of SAH sera. Hsa-miR-619-5p targeted both Gpx8 and Soat1.
These results suggest that Gpx8 and Soat1 are involved in early cerebral injury after subarachnoid hemorrhage and may be therapeutic targets.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 16, 2024 14:10:42  
作成日
Feb 16, 2024 14:10:42  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 16, 2024    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2021年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 慶應義塾大学日吉... (980) 1st
2位 「危険の予見可能... (564)
3位 731部隊と細菌戦 ... (384)
4位 新自由主義に抗す... (380)
5位 ガールクラッシュ... (343)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (954) 1st
2位 渋沢栄一と朝鮮 :... (779)
3位 731部隊と細菌戦 ... (770)
4位 酢酸エステル類の... (696)
5位 慶應義塾大学日吉... (652)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース