慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2021000003-20210216  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2021000003-20210216.pdf
Type :application/pdf Download
Size :110.4 KB
Last updated :Feb 16, 2024
Downloads : 111

Total downloads since Feb 16, 2024 : 111
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 免疫関連分子による脳発生制御機構  
カナ メンエキ カンレン ブンシ ニ ヨル ノウ ハッセイ セイギョ キコウ  
ローマ字 Men'eki kanren bunshi ni yoru nō hassei seigyo kikō  
別タイトル
名前 Analysis of brain development by immune-related molecules  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 森本, 桂子  
カナ モリモト, ケイコ  
ローマ字 Morimoto, Keiko  
所属 慶應義塾大学医学部基礎教室助教 (有期・医学部)  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2023  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2021  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
我々の大脳皮質は140億個にのぼる神経細胞から構成され、アストロサイト、オリゴデンドロサイト、ミクログリアといったグリア細胞とも相互作用しながら多様かつ特異な神経回路網を形成することで様々な入力に対して秩序だった適切な応答をすることができる。さらに近年その機能には脳実質に存在する細胞だけでなく末梢組織から侵入してくるT細胞などの免疫細胞も関与することが明らかになりつつある。申請者は獲得免疫系で重要な免疫グロブリン (Ig)、T細胞受容体 (TCR)のmRNAの発現をsingle cell RNA-seq (scRNA-seq)のデータ解析やin situ hybridizationを用いて調べた。その結果、Igに関してはIgMの定常領域であるIghmが大脳皮質深層の神経細胞に発現することが明らかになった。またTCRに関してはTCRb 鎖の定常領域であるTrbcが発現しており出生時には視床で発現するものの、生後4日頃には大脳皮質の神経細胞で発現するようになり成体においても発現し続けることが確認された。すでに経卵管ゲノム編集法 (improved-Genome editing via Oviductal Nucleic Acids Delivery:i-GONAD)を用いてそれぞれのノックアウトマウスを作成することに成功しており、これらの発生期脳における機能に関しても解析中である。
Human cerebral cortex contains approximately 10^10 neural cells, and glial cells such as astrocyte, oligodendrocytes and microglia cover synapses and control the neural network in order to establish specific and diverse neural function. In addition, it is recently known that many lymphocytes also entered the brain in the steady state and pathological conditions and regulate brain function. We examined the expression of mRNA of acquired immune-related molecules, such as immunoglobulin (Ig) and T cell receptors (TCRs) by single cell RNA-seq (scRNA-seq) data and in situ hybridization. We found that Ighm (encoding the constant region of IgM) was expressed at the deep layer of the cerebral cortex. We also found that expression of Trbc (encoding the constant region of TCR beta) mRNA was clearly seen in the thalamus at birth and the cerebral cortex neurons began to express Trbc mRNA at postnatal day4 and robust expression persisted in the cortex into adulthood. We generated knock-out mouse lacking Ighm and Trbc by improved-Genome editing via Oviductal Nucleic Acids Delivery (i-GONAD) and are examining their function in the developing brain.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 16, 2024 14:10:38  
作成日
Feb 16, 2024 14:10:38  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 16, 2024    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2021年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 「危険の予見可能... (929) 1st
2位 慶應義塾大学日吉... (851)
3位 故意犯と過失犯の... (698)
4位 731部隊と細菌戦 ... (430)
5位 新自由主義に抗す... (408)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (856) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (650)
3位 刑法における因果... (640)
4位 酢酸エステル類の... (629)
5位 インフルエンサー... (598)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース