慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2021000003-20210167  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2021000003-20210167.pdf
Type :application/pdf Download
Size :123.3 KB
Last updated :Feb 16, 2024
Downloads : 31

Total downloads since Feb 16, 2024 : 31
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 企業年金制度における株主・従業員間の内部資源配分問題の実証的考察  
カナ キギョウ ネンキン セイド ニ オケル カブヌシ・ジュウギョウインカン ノ ナイブ シゲン ハイブン モンダイ ノ ジッショウテキ コウサツ  
ローマ字 Kigyō nenkin seido ni okeru kabunushi jūgyōinkan no naibu shigen haibun mondai no jisshōteki kōsatsu  
別タイトル
名前 An empirical study on the internal resource allocation between shareholders and employees in corporate pension plans  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 柳瀬, 典由  
カナ ヤナセ, ノリヨシ  
ローマ字 Yanase, Noriyoshi  
所属 慶應義塾大学商学部教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2022  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2021  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究は,株主と従業員の間の内部資源配分の問題に焦点を当て,企業の財務政策と人的資源管理の交差領域を理論的・実証的に検討するものである。研究成果として,以下の2本の学術論文が発表された。(1) 企業と従業員の関係および企業価値。(1) 企業と従業員の関係と企業価値:企業年金制度の重要な役割 (Securities Analysts Journal, 60(1)), (2) Pension Return Assumptions and Shareholder-Employee Risk-Shifting (Journal of Corporate Finance, 70)の2本の論文を発表した。各論文の内容の概要は以下の通りである。最初の論文は,「環境・社会・ガバナンス(ESG)」投資の「社会(S)」の側面を論じる上で,企業と従業員の関係と企業価値の関係は,学者と実務家の双方にとって特に興味深いものであることを論じている。既存研究では,企業と従業員の強い関係は,主要な従業員の採用や維持に役立ち,従業員のモチベーションやコミットメントを高めることによって,企業価値を向上させることができるとされている。本論文では,企業の財務戦略の一環として,企業年金制度が長期的な企業-従業員関係の管理に果たす役割に焦点を当てる。第二の論文は,年金制度の運用方針を観察することで,企業固有の人的資本を高めるために,経営者がビジネスモデルや企業と従業員の関係を管理する際の主要な「動機」であるリスクシフト(内部融資)またはリスクマネジメントが明らかになることを論じたものである。リスクシフトの動機を持つ経営者は,年金積立不足を利用した従業員からの柔軟な内部資金調達を行うために,高い年金資産に対する期待収益率(ERR)を選択する。また,リスク管理の動機を持つ経営者は,年金の積立状況を改善することによって将来のキャッシュフローの不確実性を低減するために,低いERRを選択する。本論文では, ERRが高いほど,研究開発費および/または資金不足の企業のMarket to Book Ratioが高くなることが予測され,ERRの高い内部資金調達のリスクシフトチャネルが過小投資の問題を緩和するのに役立つことが示唆された。
Focusing on the issue of internal resource allocation between shareholders and employees, this study empirically examines the intersection area between corporate financial policy and human resource management. As the research outputs, the following two academic papers were published: (1) "The Firm-Employee Relationship and Firm Value: The Significant Role of Corporate Pension Plan Policies" (Securities Analysts Journal, Vol.60-1), (2) "Pension Return Assumptions and Shareholder-Employee Risk-Shifting" (Journal of Corporate Finance, Vol. 70). A summary of the content of each paper is as follows. The first paper discusses that the relationship between the firm-employee relationship and firm value is of particular interest to both academics and practitioners in discussing the "Social (S)" aspect of the "Environmental, Social, and Governance (ESG)" investing. Existing studies suggest that a strong firm-employee relationship can improve firm value by helping recruit/retain key employees and by enhancing worker motivation and commitments. This paper focuses on the role of a firm's corporate pension plan policy in managing the long-run firm-employee relationship as a part of its overall corporate financial strategy. The second paper discusses how observed pension plan management policies reveal the managers' primary "motives" – risk-shifting (internal financing) or risk –management – in managing their business models and firm-employee relationships to enhance the firm-specific human capital. Especially, this paper focuses that firm managers of defined-benefit (DB) pension plan sponsors reveal their primary motives — risk-shifting or risk-management — through their assumed expected rates of return (ERRs) on the plan assets. Managers with risk-shifting motives choose high ERRs to exploit flexible internal financing from employees via pension underfunding. Those with risk-management motives choose low ERRs to reduce future cash-flow uncertainty by improving the pension funding status. This paper examines if ERRs predict the firms' future cash-flow allocation between pension funding and corporate investments, in a Japanese sample that mitigates the selection bias concern for US DB plan sponsors. Using dynamic panel regressions that control for lagged dependent variables, firms' business prospects, and unobserved fixed effects, this paper show that higher ERRs precede higher capital investments, R&D expenses, and net pension obligations while revealing managerial aggression, especially among firms with high external financing costs. Higher ERRs predict higher market-to-book ratios for the firms with larger R&Ds and/or underfunding, suggesting that the risk-shifting channel of internal financing with high ERRs can help alleviate underinvestment problems.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 16, 2024 14:10:31  
作成日
Feb 16, 2024 14:10:31  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 16, 2024    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2021年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 「危険の予見可能... (929) 1st
2位 慶應義塾大学日吉... (851)
3位 故意犯と過失犯の... (698)
4位 731部隊と細菌戦 ... (430)
5位 新自由主義に抗す... (408)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (856) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (650)
3位 刑法における因果... (640)
4位 酢酸エステル類の... (629)
5位 インフルエンサー... (598)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース