慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2021000003-20210145  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2021000003-20210145.pdf
Type :application/pdf Download
Size :120.9 KB
Last updated :Feb 16, 2024
Downloads : 30

Total downloads since Feb 16, 2024 : 30
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 超流動ヘリウムにおける量子渦環の制御と検出  
カナ チョウリュウドウ ヘリウム ニ オケル リョウシ ウズカン ノ セイギョ ト ケンシュツ  
ローマ字 Chōryūdō heriumu ni okeru ryōshi uzukan no seigyo to kenshutsu  
別タイトル
名前 Control and detection of quantum vortex rings in superfluid helium  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 永合, 祐輔  
カナ ナゴウ, ユウスケ  
ローマ字 Nago, Yusuke  
所属 慶應義塾大学理工学部助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2022  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2021  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
量子乱流の生成・減衰過程において重要要素である量子渦の非線形運動状態の解明に向け、よく制御された細孔形状の量子渦環生成装置を用いた超流動ヘリウム中の渦生成実験を行った。昨年度に確立した作製方法を基に、超伝導細線を用いたワイヤー振動子と3Dプリンターを用いて光造形法によって作製した樹脂製細孔板から構成される装置を準備した。これまでのワイヤー振動子実験でのQ値の解析結果、および細孔サイズの渦環が発生したときのエネルギー散逸の見積もり結果から、直径4um、長さ100umの細孔を180個配列した~0.2mmサイズの細孔板を作製した。これにより振動子の共振の散逸として細孔からの渦環生成の観測が期待できる。この細孔板をマイクロマニピュレータを用いて太さ30umの超伝導細線振動子に精密に位置決めして接着した。室温でこの渦環生成装置の駆動テストを行い、正常に共振していることを確認した上で、4He冷凍機を用いて温度約1.3Kまで装置を冷却し、超流動ヘリウム中での共振スペクトル測定を行った。振動速度のドライブ電流(力)依存性を調べ、量子渦・量子乱流生成に伴う振動の散逸の観測に成功した。さらに渦生成速度の温度依存性を測定した。これらの結果とファインマンの渦環生成理論や残留渦の不安定性の理論を比較、解析したところ、観測された渦生成は残留渦によるものであることがわかった。振動子単体の実験から実証はされなかったが、渦生成速度付近では細孔内または開口部に付着した残留渦が、細孔サイズの渦環を放出していると考えられる。今後、渦環検出器を開発し、将来的に渦環放出の検証を行う予定である。また、研究室ではヘルムホルツ共鳴器による超流動流れの実験も進めており、開発した細孔板を本装置に組み込んだ実験装置の開発も計画している。
I performed experiments in superfluid helium using quantum vortex ring generators with well-controlled orifice shape, for elucidation of non-linear dynamics of quantum vortex rings which is one of the key factors for creation and decay processes of quantum turbulence. Following the fabrication method which I developed in the last fiscal year, the devices consisting of a vibrating wire resonator made of a superconducting filament and a resin orifice plate made with photofabrication using a 3D printer were prepared. I fabricated the ~0.2 mm resin plate with 180 aligned orifices with a diameter of 4 um and a length of 100 um, by reference to the Q-value obtained from the previous vibrating-wire measurements and our estimation of dissipation of the vibration due to vortex-ring emission. This enables observation of vortex ring emission from the orifice as a dissipation of resonant vibration. The plate was precisely positioned and glued on a superconducting wire with a thickness of 30 um using a micromanipulator. I checked a resonant vibration of the vortex ring generator at room temperature and thereafter cooled it down to 1.3 K using a 4He cryostat, followed by resonance spectrum measurements of it in superfluid helium. A driving current (force) dependence of vibration velocity revealed a dissipation of vibration due to generation of quantum vortices and turbulence. Furthermore, a temperature dependence of the velocity of vortex generation was measured. I compared these results with Feynman's theory for vortex nucleation and the theory of instability of remanent vortices, revealing that the observed vortex generation was caused by remanent vortices attached on the generator surfaces. It is expected that remanent vortices inside the orifice or in the vicinity of the opening emitted vortex rings with the same size as the orifice, though the single generator measurement did not provide the unambiguous evidence. I will develop vortex detecting devices and perform measurements to verify vortex ring generation in the future. In addition, superfluid flow experiments using a Helmholtz resonator are ongoing in our lab, and I am therefore planning experiments by the resonator with a resin orifice plate for the future.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 16, 2024 14:10:28  
作成日
Feb 16, 2024 14:10:28  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 16, 2024    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2021年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 慶應義塾大学日吉... (980) 1st
2位 「危険の予見可能... (564)
3位 731部隊と細菌戦 ... (384)
4位 新自由主義に抗す... (380)
5位 ガールクラッシュ... (343)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (954) 1st
2位 渋沢栄一と朝鮮 :... (779)
3位 731部隊と細菌戦 ... (770)
4位 酢酸エステル類の... (696)
5位 慶應義塾大学日吉... (652)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース