慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2020000008-20200285  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2020000008-20200285.pdf
Type :application/pdf Download
Size :115.7 KB
Last updated :Feb 16, 2024
Downloads : 26

Total downloads since Feb 16, 2024 : 26
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル Reelin遺伝子の変異による統合失調症発症のメカニズム  
カナ Reelin イデンシ ノ ヘンイ ニ ヨル トウゴウ シッチョウショウ ハッショウ ノ メカニズム  
ローマ字 Reelin idenshi no hen'i ni yoru tōgō shitchōshō hasshō no mekanizumu  
別タイトル
名前 Causal relationship between a mutation in the Reelin gene and a psychiatric disorder  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 林, 周宏  
カナ ハヤシ, カネヒロ  
ローマ字 Hayashi, Kanehiro  
所属 慶應義塾大学医学部基礎教室専任講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2020  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
分泌性糖タンパク質Reelinは脳の形成に必須な分子であり、複数の精神疾患で原因遺伝子の一つとして挙げられている。最近、精神疾患患者で新たなReelinの変異Asp557Val(D557V)が見つかった。本研究では、この変異により生じるReelinの機能変化をin vitroやin vivoで解析した。初めに培養細胞を用いた生化学的実験を行い、この変異はReelinの細胞外への分泌量を減少させることを明らかとした。また、Reelinは分泌後にN末端、C末端が部分切断されるが、変異体ではその切断量も減少していることも明らかにした。一方、Reelinを受容する神経細胞では、野生型およびD557V変異型受容で下流シグナルの活性に差異は見られなかった。ReelinのD557V変異箇所は、細胞外分泌シグナル配列とは離れているため、この変異により分泌量が低下する構造機能メカニズムを今後解析していく予定である。
続いて、Reelin D557V変異マウスを作製し、この変異がマウス個体に及ぼす影響を解析した。その結果、Reelinを発現するカハール・レチウス細胞が異常に配置されていることを見出した。すなわち、通常は大脳皮質表層下の辺縁帯の下半分にほぼ一列に並ぶカハール・レチウス細胞が、変異マウスでは、上下に乱れ、時には2細胞が重なって分布していた。ある精神疾患患者でカハール・レチウス細胞の配置の乱れが観察された報告もあり、今後、この変異マウスの行動解析を実施し、Reelin D557V変異と精神疾患との間の因果関係を明らかにしていく予定である。
Reelin, a secreted glycoprotein, is an essential molecule for brain development and has been implicated as a causative gene in some psychiatric disorders. Recently, a novel mutation of Reelin, Asp557Val (D557V), was found in patients with a psychiatric disorder. In this study, we analyzed the functional alternations of Reelin caused by this mutation in vitro and in vivo. At first, biochemical experiments using cultured cells has clarified that the mutation decreased the extracellular secretion of Reelin. The N- and C-termini of Reelin are partially cleaved after secretion, and the amount of cleavage was also reduced in the mutant. Since the D557V mutation is distant from the extracellular secretory signal sequence, we will analyze the structure-function mechanism by which this mutation reduces secretion.
 Next, we generated Reelin D557V mutant mice and analyzed the effect of this mutation on mice. We found that the Cajal-Retzius cells that express Reelin were abnormally located. Although the Cajal-Retzius cells are normally arranged in a row in the lower half of the Marginal zone below the surface of the cerebral cortex, these cells in the mutant mice were distributed in a disorganized manner, sometimes with two cells overlapping. As the disordered distribution of the Cajal-Retzius cells is reported in a patient with the psychiatric disorder, we plan to analyze the behavioral tests on these mutant mice, which may clarify the causal relationship between the Reelin D557V mutation and the psychiatric disorder.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 16, 2024 14:07:00  
作成日
Feb 16, 2024 14:07:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 16, 2024    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2020年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 慶應義塾大学日吉... (980) 1st
2位 「危険の予見可能... (564)
3位 731部隊と細菌戦 ... (384)
4位 新自由主義に抗す... (380)
5位 ガールクラッシュ... (343)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (954) 1st
2位 渋沢栄一と朝鮮 :... (779)
3位 731部隊と細菌戦 ... (770)
4位 酢酸エステル類の... (696)
5位 慶應義塾大学日吉... (652)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース