慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2020000008-20200080  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2020000008-20200080.pdf
Type :application/pdf Download
Size :123.2 KB
Last updated :Feb 16, 2024
Downloads : 26

Total downloads since Feb 16, 2024 : 26
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 20世紀後半ソヴェト農村における国営農業保険 : 災害・家畜・作物・生命  
カナ 20セイキ コウハン ソヴェトノウソン ニ オケル コクエイ ノウギョウ ホケン : サイガイ・カチク・サクモツ・セイメイ  
ローマ字 20seiki kōhan Soveto nōson ni okeru kokuei nōgyō hoken : saigai kachiku sakumotsu seimei  
別タイトル
名前 National agricultural insurance in rural Soviet in the second half of 20 century : disaster, livestock, crop, life, 1957-1990  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 崔, 在東  
カナ チェ, ゼドン  
ローマ字 Choi, Jaedong  
所属 慶應義塾大学経済学部教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2020  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
革命直後の戦時共産主義期を経て新経済政策(ネップ)の導入を決定したレーニンの率いるボリシェヴィキ政権は、農民保護のために強制火災保険を導入した。
国営火災保険の導入と同時に、ネップ期だけでなく集団化期と第 2 次世界大戦直前の 1930 年代、さらに戦後直後の経済復興期にも出火件数は高止まりを続いていた。ほとんどの火事・放火は経済的理由によるものであったが、農民は火災保険の中に経済的困難から抜け出す救済の手段を見出していた。全く同様の状況が戦後のソヴェト農村においても繰り返されていたが、火事・放火を含む災害の件数は戦前の水準をはるかに超える規模に達していた。このことは火災・災害保険が戦後においてもソヴェト農民経営にとって経済的困難からの抜け道として機能し続けていたことを意味した。一方、戦後においても国営火災保険事業は赤字に落ちることなく、常に大きな黒字を保ち、ソヴェト政権の財政の源泉となっていた。他方、火災保険をはじめとする国営農業保険はソ連農業の発展よりは停滞をもたらす主な原因の一つとなり、ソ連崩壊の下地になっていた。
研究課題をまとめた論文「ソヴェト農村における火事、放火と国営火災保険:1917-1957」を慶應義塾大学経済学会『三田学会雑誌』第 111 巻 4 号(2019 年 1 月)に、また論文「ソヴェト農村における家畜の死亡、屠畜と国営家畜保険:1917-1957」を慶應義塾大学経済学会『三田学会雑誌』第112巻3号に刊行したが、目下、上記の二つの論文を欧米学術雑誌への投稿を準備しているが、Slavonic and Eastern European ReviewとSlavic Reviewという雑誌に投稿する予定である。さらに、論文「国営作物保険」と「国営農業保険」を日本学術雑誌へ投稿する準備をしている。
なお、1957 年から 1990 年までの火事・災害と国営災害保険について、目下ロシアの図書館と公文書館から収集してきた史料の整理とデータの構築を進め、投稿論文を執筆中である。
The Bolshevik government, led by Lenin, who decided to introduce a new economic policy (Nep) after the war communist period immediately after the revolution, introduced compulsory fire insurance to protect peasants.
At the same time as the introduction of national fire insurance, the number of fires remained high not only during the Nep period but also during the collectivization period, in 1930s just before World War II, and the economic recovery period immediately after the war. Most fires and arson were for financial reasons, but peasants found in fire insurance a remedy to get out of financial hardship. The exact same situation was repeated in postwar Soviet villages, but the number of disasters, including fires and arson, far exceeded prewar levels. This meant that fire and disaster insurance continued to function as a way out of financial difficulties for Soviet peasants even after the war. On the other hand, even after the war, the national fire insurance business did not fall into the red and always kept a large surplus, which was the source of the Soviet administration's finances. On the other hand, national agricultural insurance such as fire insurance was one of the main causes of stagnation rather than the development of Soviet agriculture, and became the basis for the collapse of the Soviet Union.
The paper "Fire, Arson and National Fire Insurance in Rural Soviet: 1917-1957", which summarizes the research topics, was published in Keio Economic Society "Mita Journal of Economics" Vol. 111, No. 4 (January 2019), and the paper "Livestock Deaths, Slaughter and National Livestock Insurance in Rural Soviet: 1917-1957" was published in Keio Economic Society "Mita Journal of Economics" Vol. 112, No. 3. Furthermore, I am currently preparing to submit the above two papers to English academic journals, plan to submit them to the journals: Slavonic and Eastern European Review and Slavic Review in April 2021. Furthermore, I am preparing to submit the treatises "National Crop Insurance" and "National Agricultural Insurance" to Japanese academic journals.
In addition, with regard to fires / disasters and national disaster insurance from 1957 to 1990, on the basis of the raw historical materials that were excavated and collected from Russian libraries and archives, I am writing a paper for submission to the journal.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 16, 2024 13:35:28  
作成日
Feb 16, 2024 13:35:28  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 16, 2024    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2020年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 731部隊と細菌戦 ... (403) 1st
2位 文化資本概念の現... (400)
3位 Spatial animacy ... (346)
4位 新自由主義に抗す... (340)
5位 ガールクラッシュ... (300)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (729) 1st
2位 酢酸エステル類の... (643)
3位 インフルエンサー... (565)
4位 診療上の医師の注... (476)
5位 アルコール発酵の... (427)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース