慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
jkup2008_4_001  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
jkup2008_4_001.pdf
Type :application/pdf Download
Size :1.4 MB
Last updated :Aug 21, 2008
Downloads : 1490

Total downloads since Aug 21, 2008 : 1490
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル Changes of cadmium concentration and expressions of candidates for the cadmium transporter genes in intestine, in short term low dose exposure.  
カナ  
ローマ字  
別タイトル
名前  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 Suzuki, Tomohito  
カナ  
ローマ字  
所属 Department of Pharmacotherapeutics, Kyoritsu University of Pharmacy  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  

名前 細山田, 真  
カナ ホソヤマダ, マコト  
ローマ字 Hosoyamada, Makoto  
所属 Department of Pharmacotherapeutics, Kyoritsu University of Pharmacy  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  

名前 Sato, Makoto  
カナ  
ローマ字  
所属 Department of Pharmacotherapeutics, Kyoritsu University of Pharmacy  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  

名前 Namikoshi, Yoko  
カナ  
ローマ字  
所属 Department of Pharmacotherapeutics, Kyoritsu University of Pharmacy  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  

名前 Momoi, Kanae  
カナ  
ローマ字  
所属 Department of Pharmacotherapeutics, Kyoritsu University of Pharmacy  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  

名前 木村, 真規  
カナ キムラ, マサキ  
ローマ字 Kimura, Masaki  
所属 Department of Pharmacotherapeutics, Kyoritsu University of Pharmacy  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  

名前 柴崎, 敏昭  
カナ シバサキ, トシアキ  
ローマ字 Shibasaki, Toshiaki  
所属 Department of Pharmacotherapeutics, Kyoritsu University of Pharmacy  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
東京  
出版者
名前 共立薬科大学  
カナ キョウリツ ヤッカ ダイガク  
ローマ字 Kyoritsu yakka daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2008  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 共立薬科大学雑誌  
翻訳 The journal of Kyoritsu University of Pharmacy  
4  
 
2008  
3  
開始ページ 1  
終了ページ 8  
ISSN
18805116  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
CODEN: KYDZAU  
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
Cadmium (Cd) is a highly toxic metal and food is the major source of Cd exposure for most people. Divalent metal transporter 1 (DMT1) is thought the main Cd transporter in vivo. However, in our previous study we found an unknown Cd pathway other than DMT1. Thus, additional in vivo study are needed to explore the Cd pathway.
 Seven-week-old ICR mice were given 1 ppm CdCl2 aq in drinking water for zero to five days adlibitum. The concentrations of Cd in liver, kidney, and intestinal epithelium were measured. Gene expression changes in intestinal epithelium were analyzed by microarray and real time PCR analyses. Intestinal epithelial Cd concentrations were increased up to day2, but from day3 they decreased irrespective of an increase in total Cd intake. The microarray and real-time PCR analyses could not demonstrate Cd concentration-specific alterations in intestinal epithelium after this short-term and low-dose Cd exposure. However some gene expression changes associated with unknown Cd uptake pathways through the intestinal brush border may have played a role in the observed specific Cd concentration changes. It may be possible that metallothionein plays a role in the Cd uptake pathway.
 
目次

 
キーワード
Cadmium uptake  

intestine  

Gene expression  

DMT1  

Zip  

Metallothionein  
NDC
 
注記
原著論文
 
言語
英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Departmental Bulletin Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Aug 21, 2008 09:00:00  
作成日
Aug 21, 2008 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 薬学部 / 共立薬科大学雑誌 / 4 (2008)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Open-domain dial... (1654) 1st
2位 石垣島の「エコツ... (617)
3位 Bidet toilet use... (453)
4位 731部隊と細菌戦 ... (444)
5位 新自由主義に抗す... (366)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (1046) 1st
2位 インフルエンサー... (508)
3位 興味が引き起こさ... (436)
4位 酢酸エステル類の... (420)
5位 刑法における因果... (416)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース