慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KO12003001-20210002-0050  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KO12003001-20210002-0050.pdf
Type :application/pdf Download
Size :129.9 KB
Last updated :Nov 30, 2023
Downloads : 41

Total downloads since Nov 30, 2023 : 41
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 難治性前立腺癌のシングルセル解析によるゲノムエピゲノム進化と腫瘍内不均一性の解明  
カナ ナンチセイ ゼンリツセンガン ノ シングル セル カイセキ ニ ヨル ゲノム エピゲノム シンカ ト シュヨウナイ フキンイツセイ ノ カイメイ  
ローマ字 Nanchisei zenritsusengan no shinguru seru kaiseki ni yoru genomu epigenomu shinka to shuyōnai fukin'itsusei no kaimei  
別タイトル
名前 Elucidation of genomic and epigenome evolution and intratumoral heterogeneity by single-cell analysis of drug resistant prostate cancer  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 小坂, 威雄  
カナ コサカ, タケオ  
ローマ字 Kosaka, Takeo  
所属 慶應義塾大学医学部臨床教室  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 福澤基金運営委員会  
カナ フクザワ キキン ウンエイ イインカイ  
ローマ字 Fukuzawa kikin un'ei iinkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2022  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 p.  
上位タイトル
名前 福澤諭吉記念慶應義塾学事振興基金事業報告集  
翻訳  
 
 
2021  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
前立腺癌はITHの存在をその特徴とする。ゲノム、エピゲノム解析技術の進歩により、固形癌におけるITHが次第に明らかになり、原発巣と転移巣の空間的不均一性、初発時と再発時のなどの時間的不均一性が見出され、ITHを生み出すがんのゲノム進化プログラムの癌種による相違、患者間や患者内での多様性が報告されている。前立腺癌の好発転移部位である骨転移は造骨性であるアプローチが困難なため再発や転移時の生検検体の採取が困難であることが多い。そこで血液中の血液循環がん細胞(CTC)などのリキッドバイオプシー検体がITHを内包する複数病変に由来したゲノム情報の全体像に近いと考えられ注目されてきている。

本研究では
1.CTCを用いたシングルセル解析:流体力学を応用した次世代の新規CTC回収システムで、薬剤耐性CRPCやNEPCのように上皮性マーカーの発現が乏しいがんにおいても生きた状態のCTC回収が可能となった。シングルセル解析のプラットフォームとしては分割能が優れ、RNAが分解される前に短時間で処理可能で、同時に処理可能なサンプルが多いという特徴を有す10×Genomics社のChromium single cellをライブラリー調整システムを使用したプラットフォームでCTCのシングルセルRNAシーケンス解析を6例で実施した。CTCの中での不均一性と、今まで着目されてこなかった新規薬剤耐性関連シグナル経路が明らかになった。
2.薬剤耐性前立腺癌のプレシジョンメディシンを具現化するCTCライブラリー作成:。当院呼吸器とオルガノイド医学講座佐藤教授との共同研究によりCTCから3次元培養によりtumor sphereが形成されることが確認された。

今後引き続き研究を進め、3次元培養で安定的に培養可能とするCTCのバイオバンクのプロトコールを確立し、薬剤の選択や効果予測のためのバイオマーカー開発や、新規創薬の開発のためのプラットフォームの完成を目指す。
Prostate cancer is characterized by the presence of ITH. Advances in genome and epigenome analysis technology have gradually revealed ITH in solid tumors, and found spatial inhomogeneities between primary and metastatic lesions, and temporal inhomogeneities such as initial and recurrence, and ITH. Differences in the genome evolution program of cancers that produce cancer by cancer type, and diversity among and within patients have been reported. Bone metastasis, which is the most common metastatic site of prostate cancer, is difficult to approach because it is osteogenic, so it is often difficult to collect biopsy specimens at the time of recurrence or metastasis. Therefore, liquid biopsy specimens such as blood circulating cancer cells (CTC) in the blood are considered to be close to the whole picture of genomic information derived from multiple lesions containing ITH, and are attracting attention.

In this research
1. 1. Single-cell analysis using CTC: A next-generation new CTC recovery system that applies fluid dynamics, enabling live CTC recovery even in cancers with poor expression of epithelial markers such as drug-resistant CRPC and NEPC. became. A library of 10 × Genomics Chromium single cells, which has excellent splitting ability as a platform for single cell analysis, can be processed in a short time before RNA is degraded, and has many samples that can be processed at the same time. Single-cell RNA sequence analysis of CTC was performed on a platform using the system in 6 cases. Heterogeneity within the CTC and novel drug resistance-related signaling pathways that have not been the focus of attention have been clarified.
2. 2. Creating a CTC library that embodies precision medicine for drug-resistant prostate cancer :. Through joint research between our hospital's respiratory organs and Professor Sato of the Department of Organoid Medicine, it was confirmed from CTC that a tumor sphere is formed by three-dimensional culture.

In the future, we will continue research and establish a protocol for his CTC biobank that enables stable culture in three-dimensional culture, for the development of biomarkers for drug selection and effect prediction, and for the development of new drug discovery.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記
申請種類 : 福澤基金研究補助
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Nov 30, 2023 10:23:12  
作成日
Nov 30, 2023 10:23:12  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Nov 30, 2023    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 福澤諭吉記念慶應義塾学事振興基金事業報告集 / 2021年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 二〇二三年度三田... (712) 1st
2位 出生率及び教育投... (456)
3位 新自由主義に抗す... (417)
4位 『うつほ物語』俊... (358)
5位 731部隊と細菌戦 ... (315)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Predicting crypt... (2451) 1st
2位 家族主義と個人主... (1800)
3位 731部隊と細菌戦 ... (726)
4位 新参ファンと古参... (440)
5位 日本における美容... (330)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース