慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KO12003001-20210002-0024  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KO12003001-20210002-0024.pdf
Type :application/pdf Download
Size :116.0 KB
Last updated :Nov 30, 2023
Downloads : 16

Total downloads since Nov 30, 2023 : 16
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 「アセンブル型」組織形成法によるin vitroグリンパシステムの構築  
カナ 「アセンブルガタ」ソシキ ケイセイホウ ニ ヨル in vitro グリンパ システム ノ コウチク  
ローマ字 "Asenburugata" soshiki keiseihō ni yoru in vitro gurinpa shisutemu no kōchiku  
別タイトル
名前 Construction of in vitro glymphatic system with "assemble" tissue engineering  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 尾上, 弘晃  
カナ オノエ, ヒロアキ  
ローマ字 Onoe, Hiroaki  
所属 慶應義塾大学理工学部  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 福澤基金運営委員会  
カナ フクザワ キキン ウンエイ イインカイ  
ローマ字 Fukuzawa kikin un'ei iinkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2022  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 p.  
上位タイトル
名前 福澤諭吉記念慶應義塾学事振興基金事業報告集  
翻訳  
 
 
2021  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
最終年度である2021年度は,研究計画(iii)である,血管組織を成熟化させたゲルチューブと神経組織のアセンブリを行い,グリンパシステム構築のための共培養系の確立を試みた.まず,血管内皮の組織機能について再度確認を行った.具体的には,(1) PECAM免疫染色によるタイトジャンクションを発現しているかの確認,(2) 共培養のモデルとして血管平滑筋との共培養形成技術の確立,(3) 組織の生体反応機能の確認のため,血管内皮結合弛緩作用のある炎症メディエータ曝露による結合状態の変化および物質透過性の変動の確認,を行った.結果として,血管ゲルチューブはメディエーター因子に応答し,かつ共培養した血管平滑筋との間に一酸化窒素による組織間相互作用が形成されていることが判明した.これにより,本研究課題において形成された血管チューブが,共培養による組織との協奏的なふるまいを再現できることが示された.
これらの内容の一部は本年度の成果として,2022年1月に開催された国際会議IEEE MEMS 2020にて口頭発表した.また国際誌Advanced Healthcare Materialsに掲載され,Backside Inside Coverにも選出された.
In FY2021, the final year of our research plan (iii), we attempted to establish a co-culture system for the construction of the glymphatic system by assembling vascular tissue-matured gel tubes and neural tissue. First, the tissue function of the vascular endothelium was reconfirmed. Specifically, we (1) confirmed the expression of tight junctions by PECAM immunostaining, (2) established a co-culture formation technique with vascular smooth muscle as a model for co-culture, and (3) examined the biological response of the tissue to exposure to inflammatory mediators that relax vascular endothelial connections and to changes in the state of the connections. The permeability of the material was also checked. As a result, it was found that the vascular gel tubes responded to mediator factors and formed a nitric oxide-induced tissue-tissue interaction with co-cultured vascular smooth muscle. This indicates that the vascular tubes formed in this research project can reproduce the cooperative behavior of the co-cultured tissues.
Some of these contents were presented orally at the IEEE MEMS 2020 international conference held in January 2022 as the results of this fiscal year. It was also published in the international journal Advanced Healthcare Materials and selected for the Backside Inside Cover.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記
申請種類 : 福澤基金研究補助
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Nov 30, 2023 10:23:09  
作成日
Nov 30, 2023 10:23:09  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Nov 30, 2023    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 福澤諭吉記念慶應義塾学事振興基金事業報告集 / 2021年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Open-domain dial... (1631) 1st
2位 石垣島の「エコツ... (745)
3位 Bidet toilet use... (533)
4位 731部隊と細菌戦 ... (485)
5位 新自由主義に抗す... (372)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (1065) 1st
2位 インフルエンサー... (492)
3位 興味が引き起こさ... (437)
4位 石垣島の「エコツ... (435)
5位 酢酸エステル類の... (418)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース