慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KO12003001-20210002-0004  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KO12003001-20210002-0004.pdf
Type :application/pdf Download
Size :142.3 KB
Last updated :Nov 30, 2023
Downloads : 29

Total downloads since Nov 30, 2023 : 29
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル ディッシュ型金属製細胞培養器を利用した幹細胞の成熟化  
カナ ディッシュガタ キンゾクセイ サイボウ バイヨウキ オ リヨウシタ カンサイボウ ノ セイジュクカ  
ローマ字 Disshugata kinzokusei saibō baiyōki o riyōshita kansaibō no seijukuka  
別タイトル
名前 Stem cell maturation using a dish-type metal cell incubator  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 小茂鳥, 潤  
カナ コモトリ, ジュン  
ローマ字 Komotori, Jun  
所属 慶應義塾大学理工学部  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 福澤基金運営委員会  
カナ フクザワ キキン ウンエイ イインカイ  
ローマ字 Fukuzawa kikin un'ei iinkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2022  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
2 p.  
上位タイトル
名前 福澤諭吉記念慶應義塾学事振興基金事業報告集  
翻訳  
 
 
2021  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
近年,三大療法に加えて温熱療法のなど新しい治療法が次々と検討されている.温熱療法はがん細胞が熱刺激に対して脆弱である性質を利用し,非侵襲的治療法として注目されている.しかし,汎用培養器である高分子製ディッシュは熱伝導率が低く,また従来の研究で一般的な雰囲気温度を変化させる方法では,所望の熱刺激を厳密に細胞に付与することが可能とは言い難い.そこで最終年度は,熱刺激を厳密に細胞に付与することが可能なディッシュとデバイスを作製し,細胞の活性に有効な熱刺激条件を系統的に調査することを主たる目的とした実験的研究を行った.
はじめに,所望の熱刺激を細胞に付与するため,熱伝導率が高く生体適合性に優れたTi-6Al-4V ELI合金を用いて金属製ディッシュと,サーモモジュールを利用した熱刺激デバイスを作製した.細胞培養実験を行った結果,金属製ディッシュは高分子製ディッシュと同等の培養性能を有することが明らかになった.また,作製した熱刺激デバイスは従来の方法よりも迅速に熱刺激を付与可能であることを確認した.
つぎに,細胞の熱耐性の違いを調査するため,ヒト乳腺癌由来細胞(MCF7)と正常ヒト皮膚繊維芽細胞(NHDF)に様々な熱刺激を付与し,その影響について系統的な調査を行った.その結果,正常細胞は多数生存するにも関わらず,がん細胞のみが死滅する熱刺激条件が存在することを明らかにした.
さらに,熱刺激を付与された細胞に対してRT-qPCR,代謝の定量,熱ショックタンパク質(HSP)の染色を行った.この結果,熱刺激によってがん細胞はアポトーシスが促進され,代謝効率が悪化する傾向が明らかになった.また,正常細胞はHSPが核に局在化することが明らかになった.このことは,正常細胞ががん細胞より熱刺激に対して強靭である性質を示すものである.
3年間の研究成果により,ディッシュ型の金属製細胞培養器を用いることにより,細胞の成熟化を含め様々な検討を行うことが可能なことが明らかとなった.
Surgery, radiation therapy, chemotherapy, and hyperthermia have all been applied to treat cancer. Cancer hyperthermia is a non-invasive treatment that uses cancer cells' vulnerability to thermal stimuli. It can be technically challenging to study cellular responses to thermal stimuli because polymer tissue culture dishes have low thermal conductivity. They are thus poorly responsive to conventional methods of changing the temperature of the culture environment. The purpose of this year was to investigate the thermal tolerance of various cell types by developing a metallic dish and a compatible thermal stimulus device that can be used to apply regulatable thermal stimuli.
First, it was necessary to develop a thermal stimulus device using a thermo module, and a metallic tissue culture dish. Ti-6Al-4V ELI alloy was chosen for its high thermal conductivity and biocompatibility. This metallic dish displayed equivalent culture performance to that of a polymer dish. In addition, thermal devices can alter thermal stimuli considerably faster than conventional methods.
Second, to precisely identify the critical temperature for hyperthermia, a range of thermal stimuli were applied to Michigan Cancer Foundation-7 cells and normal human dermal fibroblasts. These systematic investigations revealed selective thermal sensitivity in cancer cells.
Finally, RT-qPCR, metabolic assays, and immunofluorescent detection of heat shock proteins (HSP) were conducted. The results indicated that cancer cells subjected to thermal stimuli displayed slowed metabolism and elevated rates of apoptosis. Thermal stimulation of normal cells caused nuclear localization of HSPs. This suggests that normal cells are more resilient to thermal stress than cancer cells.
From the results of three years of the research, it became clear that various studies including cell maturation can be performed by using a metallic cell culture dish.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記
申請種類 : 福澤基金研究補助
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Nov 30, 2023 10:23:14  
作成日
Nov 30, 2023 10:23:14  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Nov 30, 2023    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 福澤諭吉記念慶應義塾学事振興基金事業報告集 / 2021年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Open-domain dial... (1573) 1st
2位 石垣島の「エコツ... (665)
3位 Bidet toilet use... (497)
4位 731部隊と細菌戦 ... (469)
5位 新自由主義に抗す... (371)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (970) 1st
2位 インフルエンサー... (461)
3位 石垣島の「エコツ... (423)
4位 Potent mouse mon... (415)
5位 酢酸エステル類の... (398)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース