慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KO12003001-00002020-0049  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KO12003001-00002020-0049.pdf
Type :application/pdf Download
Size :125.1 KB
Last updated :Mar 28, 2022
Downloads : 131

Total downloads since Mar 28, 2022 : 131
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル シナプス分化が誘導する、シナプス後部棘突起形成の分子メカニズム解明  
カナ シナプス ブンカ ガ ユウドウスル、シナプス コウブ キョクトッキ ケイセイ ノ ブンシ メカニズム カイメイ  
ローマ字 Shinapusu bunka ga yūdōsuru, shinapusu kōbu kyokutokki keisei no bunshi mekanizumu kaimei  
別タイトル
名前 Molecular mechanism of postsynaptic spine formation induced by synaptic differentiation via synapse organizer  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 松田, 恵子  
カナ マツダ, ケイコ  
ローマ字 Matsuda, Keiko  
所属 慶應義塾大学医学部基礎教室  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 福澤基金運営委員会  
カナ フクザワ キキン ウンエイ イインカイ  
ローマ字 Fukuzawa kikin un'ei iinkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
2 p.  
上位タイトル
名前 福澤諭吉記念慶應義塾学事振興基金事業報告集  
翻訳  
 
 
2020  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
申請者は分泌性シナプスオーガナイザーC1qファミリーによるシナプス形成・成熟機構を明らかにしてきた。これらの研究は、新しいシナプスオーガナイザーの分子基盤を明らかとするのみならず、分泌型シナプスオーガナイザーが受容体と結合し、シナプスをまたいだ複合体を形成することこそが、trans-synapticに引き起こされる神経細胞の相互作用の分子実体であることを提唱したものであった。
これらの知見をもとにした共同研究者との連携によって、Cbln1-GluD2タンパク質複合体の構造を明らかにし、そこからCbln1のシナプス前部、後部の機能に必須な機能領域をそれぞれ決定できた。この成果を元に、解明したCbln1のneurexin結合領域と、早い興奮性伝達を担うAMPA型グルタミン酸受容体の細胞外領域に特異的に結合する分泌性因子NP1の構造解析結果を利用し、広範な領域で興奮性シナプスをつなぐことができる人工シナプスオーガナイザーCPTXの開発に成功した。小脳失調、アルツハイマー病、脊髄損傷といったシナプスの破綻を原因とする疾患モデルマウスの原因領域にCPTXを投与すると、病態を著しく改善させたが、この過程において、病態モデルマウスでは機能的シナプスの形成とともに、形態的なシナプス後部成熟であるスパイン体積の増大とシナプス後部PSD95の増大が観察された。
さらに詳細な形態観察を行うために、AAVによるスパースラベルイング方法を確立し、この過程で疾患モデルマウスにおいては、シナプス後部の変化のみならず、前部構造の異常があることが示唆される知見を得た。
人工シナプスオーガナイザーCPTXによる、シナプス成熟の時系列過程を明らかとするため、形態をGFPにてラベルした培養神経細胞でのCPTX反応を観察した。シナプスの接着とともに、一部のシナプスに特にCTPXの蓄積が顕著にみられ、そこでのシナプス後部構造が大きくなっている様子が示唆された。
We have elucidated the mechanism of synaptogenesis and maturation by the secretory synapse organizer C1q family. Not only revealing the molecular basis of the new synaptic organizer, but it was the first discovery of novel molecular mechanism indicating the indispensability of cross-synaptic complex formation of receptors and C1q families for bidirectional synapse differentiation.
Based on these findings, we were able to clarify the structure of the Cbln1-GluD2 protein complex and determine the functional regions essential for the pre and postsynaptic functions of Cbln1.
Based on this result, we designed novel synapse connector, CTPX which is a fusion protein of neurexin-binding region of Cbln1 and the secretory factor NP1.
CPTX can induce rapid excitatory transmission via connecting presynaptic neurexin and postsynaptic AMPA receptors. Administration of CPTX to the responsible region of brain of disease model mice such as cerebellar ataxia, Alzheimer's disease, and spinal cord injury significantly improved the condition, associating with the formation of functional synapses. Morphological postsynaptic maturation was observed in these models.
Recently a sparse labeling method using AAV was established for more detailed morphological observation. In this process, we obtained findings suggesting that there are not only changes in the postsynaptic but also abnormalities in the presynaptic structure in disease model mice.
In order to clarify the time-course of synaptic maturation by the synapse organizer CPTX, the morphological changes in spines by CPTX in cultured neurons labeled with GFP was observed. Along with synaptic adhesion, CTPX accumulation and spine enlargements was particularly pronounced at some populations of synapses.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記
申請種類 : 福澤基金研究補助
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Mar 28, 2022 10:40:44  
作成日
Mar 28, 2022 10:40:44  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Mar 28, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 福澤諭吉記念慶應義塾学事振興基金事業報告集 / 2020年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Open-domain dial... (1573) 1st
2位 石垣島の「エコツ... (665)
3位 Bidet toilet use... (497)
4位 731部隊と細菌戦 ... (469)
5位 新自由主義に抗す... (371)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (970) 1st
2位 インフルエンサー... (461)
3位 石垣島の「エコツ... (423)
4位 Potent mouse mon... (415)
5位 酢酸エステル類の... (398)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース