慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KO12003001-00002020-0048  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KO12003001-00002020-0048.pdf
Type :application/pdf Download
Size :110.6 KB
Last updated :Mar 28, 2022
Downloads : 27

Total downloads since Mar 28, 2022 : 27
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 新規MRI撮像法「ミエリンマップ法」を用いた国際共同研究  
カナ シンキ MRI サツゾウホウ「ミエリン マップホウ」オ モチイタ コクサイ キョウドウ ケンキュウ  
ローマ字 Shinki MRI satsuzōhō "Mierin mappuhō" o mochiita kokusai kyōdō kenkyū  
別タイトル
名前 International collaborative study on novel MRI modality "Myelin map"  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 中原, 仁  
カナ ナカハラ, ジン  
ローマ字 Nakahara, Jin  
所属 慶應義塾大学医学部臨床教室  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 福澤基金運営委員会  
カナ フクザワ キキン ウンエイ イインカイ  
ローマ字 Fukuzawa kikin un'ei iinkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 p.  
上位タイトル
名前 福澤諭吉記念慶應義塾学事振興基金事業報告集  
翻訳  
 
 
2020  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
・2016年に当学が開発した、髄鞘を可視化する新規MRI撮像法「ミエリンマップ法」の実施に必要なシーケンスを、国際共同研究相手である、ブラジルPUCRSの臨床用MRI機に実装した。
・双方の倫理審査を経て、双方の国において、多発性硬化症などの中枢神経系脱髄疾患患者の「ミエリンマップ法」による観察研究を開始した。
・2019年8月には研究代表者がブラジルPUCRSを訪れ、先方研究代表者であるDouglas K. Sato教授と打ち合わせを行った。
・2019年9月には小児多発性硬化症の「ミエリンマップ法」データ解析結果を、欧州多発性硬化症治療研究会議において共同発表した。
・2020年8月に研究代表者がブラジルPUCRSを訪問する予定であったが、COVID19のため中止となり、代替案として月1回程度のWebミーティングを開催することとなった。
・2020年10月にWeb上で開催された"MS Virtual 2020"において研究成果を発表した。
・ブラジルPUCRSとの共同執筆の論文が投稿準備中である。
-The novel myelin-specific MRI sequence to obtain "Myelin Map", which was developed at Keio University in 2016, has been successfully installed in MRI machines at PUCRS in Brazil.
-After approval of ethic committee at both institutes, collaborative studies for "Myelin Map" on demyelinating diseases such as multiple sclerosis began.
-In August 2019, the research project leader has visited PUCRS in Brazil to discuss about the research project.
-In September 2019, the first result of the collaborative research on "Myelin Map" for pediatric multiple sclerosis cases has been presented and published at European Committee for Treatment and Research on Multiple Sclerosis.
-A planned visit to PUCRS in Brazil by the research project leader has been cancelled due to COVID19 pandemic situation, and monthly web meeting was set in place as an alternative.
-Research result was presented at "MS Virtual 2020" meeting on web.
-A collaborative research paper with PUCRS in Brazil is under preparation for submission.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記
申請種類 : 福澤基金研究補助
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Mar 28, 2022 10:40:44  
作成日
Mar 28, 2022 10:40:44  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Mar 28, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 福澤諭吉記念慶應義塾学事振興基金事業報告集 / 2020年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 J.S. ミルの社会... (296) 1st
2位 新自由主義に抗す... (272)
3位 DAOの法的地位と... (209)
4位 個人・組織両面で... (206)
5位 「余白的コミュニ... (194)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 戦時期マラヤ・シ... (541) 1st
2位 Le nô Kinuta, l... (423)
3位 ビルマ戦線と憲兵... (356)
4位 人と違っててもい... (283)
5位 新自由主義に抗す... (264)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース