慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KO12003001-00002020-0034  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KO12003001-00002020-0034.pdf
Type :application/pdf Download
Size :125.0 KB
Last updated :Mar 28, 2022
Downloads : 18

Total downloads since Mar 28, 2022 : 18
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 呼吸器M細胞の分化および取り込みを制御する低分子化合物の探索  
カナ コキュウキ Mサイボウ ノ ブンカ オヨビ トリコミ オ セイギョスル テイブンシ カゴウブツ ノ タンサク  
ローマ字 Kokyūki Msaibō no bunka oyobi torikomi o seigyosuru teibunshi kagōbutsu no tansaku  
別タイトル
名前 Screening of chemical library to identify new chemicals regulating M-cell differentiation and transcytosis  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 木村, 俊介  
カナ キムラ, シュンスケ  
ローマ字 Kimura, Shunsuke  
所属 慶應義塾大学薬学部  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 福澤基金運営委員会  
カナ フクザワ キキン ウンエイ イインカイ  
ローマ字 Fukuzawa kikin un'ei iinkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 p.  
上位タイトル
名前 福澤諭吉記念慶應義塾学事振興基金事業報告集  
翻訳  
 
 
2020  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
M細胞は粘膜上皮に存在し粘膜上の物質を取り込む細胞である。管腔内抗原はM細胞から取り込まれ、上皮の下に存在する抗原提示細胞へと受け渡されることにより、粘膜免疫応答が開始し抗原特異的抗体が産生される。
M細胞は取り込みに特化した特徴をもつ。粘膜上皮を構成する細胞は互いにタイト結合によって密に接着しシート構造を作る。そして、密集した微絨毛もしくは線毛を細胞表面に持つことで異物の侵入を防ぐ物理バリアとして機能する。M細胞の構造は特徴的で細胞表面はヒダ状となり、表面を覆う糖衣も薄い。このような構造的特徴は管腔内物質のM細胞表面への接触を容易にし、取り込みに有利に働くと考えられている。一方で他の上皮細胞と比べてアクセスが容易なM細胞は、異物や微生物の侵入口となりやすい。実際にM細胞からボツリヌス毒素、異常プリオンタンパク質、サルモネラ菌などが侵入することが報告されている。つまりM細胞は上皮バリアを越え生体内への入り口となる細胞であり、必要な細胞ではあるが、不利益となる面も持つ細胞である。
これまでの申請者の研究は、M細胞の機能不全が粘膜免疫応答の低下を招くことを明らかにしている。逆にM細胞数の増加によって粘膜免疫応答は活性化するが、その反面、微生物感染には弱く抵抗性が下がる。これらの成果から、申請者はM細胞からの取り込み、もしくはM細胞の数を制御することができれば、上皮バリアの人工的な調節が可能になるのではないかと考えた。
そこで本研究では、申請者が独自に開発したM細胞平面培養系を用い、低分子化合物からM細胞の分化、取り込み能へと影響を与える分子の探索を行った。その結果、現在までにM細胞分化を効果的に抑制する低分子化合物を1つ見出した。今後、本手法を用いて、さらなる低分子化合物の探索を続けることで、M細胞分化、取り込み能の効果的な制御法の探索を目指す。
The mucosal surfaces of gastrointestinal tracts are exposed to ingested antigens and commensal microbes. The dome-shaped follicle-associated epithelium (FAE), specializing in luminal antigen uptake for immunosurveillance, is characterized by the presence of microfold (M) cells. Antigen transcytosis across the intestinal epithelium via M cells is well documented to initiate mucosal immune responses. Glycoprotein 2 (GP2), expressed on the apical surface of M cells, serves as an uptake receptor for a subset of commensal and pathogenic bacteria1. GP2-deficient mice demonstrate attenuated T cell responses against orally infected Salmonella enterica serovar Typhimurium (S. Typhimurium), resulting in diminished production of antigen-specific secretory IgA (SIgA). Furthermore, mice lacking M cells exhibit profound delays in mucosal immune system maturation, characterized by active germinal center (GC) reactions and IgA plasma cell development, as well as a reduction in antigen-specific T cell activation in Peyer's patches. M cells are therefore considered to be beneficial for the onset of mucosal immune responses. Additionally, antigen transport by M cells may provide vulnerable gateways in the robust epithelial barrier. Indeed, several pathogenic bacteria, toxins, and a scrapie prion protein exploit M cells as entry portals to bypass the epithelial barrier and establish systemic infection. These prior observations indicate that rigorous control of M-cell number and transcytosis within the intestinal epithelium is critical for the maintenance of mucosal immunity.
In this study, we sought to find low molecular weight chemicals that regulate M cell differentiation and transcytosis. As a result, we discovered a chemical substance that efficiently inhibits M cell differentiation by using an in vitro M cell culture model. Therefore, our research approach may help find even lower molecular weight chemicals to control mucosal immunity.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記
申請種類 : 福澤基金研究補助
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Mar 28, 2022 10:40:43  
作成日
Mar 28, 2022 10:40:43  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Mar 28, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 福澤諭吉記念慶應義塾学事振興基金事業報告集 / 2020年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ミュージアムの思... (347) 1st
2位 ヴェルヌとルーセ... (299)
3位 アイドル文化にお... (281)
4位 英語の前置詞onと... (275)
5位 新自由主義に抗す... (270)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 軍事組織における... (893) 1st
2位 アルコール発酵の... (753)
3位 アセトアニリドの... (727)
4位 楽天とアマゾンの... (595)
5位 大義ある未来 : ... (506)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース