慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KO12003001-00002020-0030  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KO12003001-00002020-0030.pdf
Type :application/pdf Download
Size :125.1 KB
Last updated :Mar 28, 2022
Downloads : 16

Total downloads since Mar 28, 2022 : 16
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル ヒト骨格筋材質特性の高精度位置情報と機能/形態特性との相互関係に関する基礎研究  
カナ ヒト コッカクキン ザイシツ トクセイ ノ コウセイド イチ ジョウホウ ト キノウ/ケイタイ トクセイ トノ ソウゴ カンケイ ニ カンスル キソ ケンキュウ  
ローマ字 Hito kokkakukin zaishitsu tokusei no kōseido ichi jōhō to kinō/keitai tokusei tono sōgo kankei ni kansuru kiso kenkyū  
別タイトル
名前 Basic study on the relationships between human skeletal muscle mechanical properties in vivo and muscle function/morphological properties  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 稲見, 崇孝  
カナ イナミ, タカユキ  
ローマ字 Inami, Takayuki  
所属 慶應義塾大学体育研究所  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 福澤基金運営委員会  
カナ フクザワ キキン ウンエイ イインカイ  
ローマ字 Fukuzawa kikin un'ei iinkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 p.  
上位タイトル
名前 福澤諭吉記念慶應義塾学事振興基金事業報告集  
翻訳  
 
 
2020  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
2020年度は、骨格筋3特性(筋機能特性・筋形態特性・筋材質特性)の相互関係とその変容を、マラソン大会に参加する一般健常ランナーにおける腓腹筋の硬度変化を検証することで明らかにする計画であった。しかしながら、エントリーしていたマラソン大会が、COVID-19の影響により大会直前で中止となったため、研究の骨組みはそのままに運動課題のみラボベースで実施可能な骨格筋の質的変化の基礎研究にシフトし、その成果を報告した論文が採択された。具体的には、組織に照射された超音波のせん断速度の組織的差異から生体内での"硬さの位置情報"を取得できる超音波エラストグラフィと、古くから使用されている簡便で汎用性の高い押し込み式の筋硬度計の関係から各特性の相互作用を検証することとした。21名の男性健常者を対象に、肘関節屈曲角度30・60・90°のいずれかの角度で最大の15・30・45・60・75・90%の筋力を発揮した際の上腕二頭筋の硬さを、押し込み式筋硬度計(E)または超音波エラストグラフィのひずみ係数(strain ratio: SR)およびYoung's modulus(YM)にて測定した。その結果、Eと対数変換されたSR(logarithmical transformed SR: LTSR)の間にはr=−0.626(p<0.01)の強い相関関係が、EとYMの間にはr=0.615(p<0.01)の強い相関関係が認められた。さらに、最大筋力の90%まで出力した際のEは脱力時の9倍にまで増加し、LTSRとの間にはr=−0.732から−0.880の強い相関関係(p<0.01)が、YMの間にも同様にr=0.599から0.768の強い相関関係(p<0.01)が認められた。以上の結果より、スポーツ競技現場や医療現場などで簡便に使用可能な押し込み式筋硬度計を使用しても、超音波エラストグラフィ類似した信頼性の高い値を取得可能であることを示唆するものであるとともに、筋材質特性は形態特性の影響を受けることが理解された。
In 2020, it was planned to clarify the interrelationship of the three skeletal muscle properties (muscle function, muscle morphology, muscle mechanical property) and their alteration in examining changes in the muscle hardness of the gastrocnemius muscles of general healthy runners participating in the marathon event. However, the marathon event in which the target subjects were scheduled to participate was canceled just before the event due to the influence of COVID-19. Therefore, keeping the framework of the research, the exercise task was shifted to the basic research of qualitative changes in skeletal muscle that can be done on a laboratory basis, and the paper that reported the research results within the 2020 season was accepted. Specifically, we decided to examine in detail the relationship between the simple and versatile push-in mater that has been used for a long time and the ultrasound elastography that can acquire "hardness position information" in the living body from the difference in the strain rate of ultrasound waves applied to the tissue. Finally, this study investigated the relationship between push-in meter (PM) and ultrasound strain elastography (USE) for biceps brachii (BB) muscle hardness. BB hardness of 21 young men was assessed by PM and USE during rest and isometric contractions of six different intensities (15, 30, 45, 60, 75, 90% of maximal voluntary contraction: MVC) at 30°, 60° and 90° elbow flexion. Muscle hardness (E) was calculated from the force–displacement (muscle thickness) relationship in PM, and strain ratio (SR) between an acoustic coupler and different regions of interest (ROIs) in BB was calculated and converted to Young's modulus (YM) in USE. A significant (p<0.01) correlation was evident between E and logarithmical transformed SR (LTSR) for the ROI of whole BB (r=−0.626), and E and converted YM (r=0.615). E increased approximately ninefold from resting to 90% MVC, and E and LTSR (r=−0.732 to −0.880). These results suggest that muscle hardness values obtained by PM and USE are comparable. The findings of this study suggest that it is possible to obtain highly reliable values similar to ultrasound elastography even when using a push-in mater in sports competition sites and medical sites, and was understood that mechanical properties are influenced by morphological property (muscle thickness).
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記
申請種類 : 福澤基金研究補助
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Mar 28, 2022 10:40:43  
作成日
Mar 28, 2022 10:40:43  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Mar 28, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 福澤諭吉記念慶應義塾学事振興基金事業報告集 / 2020年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ミュージアムの思... (347) 1st
2位 ヴェルヌとルーセ... (299)
3位 アイドル文化にお... (281)
4位 英語の前置詞onと... (275)
5位 新自由主義に抗す... (270)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 軍事組織における... (893) 1st
2位 アルコール発酵の... (753)
3位 アセトアニリドの... (727)
4位 楽天とアマゾンの... (595)
5位 大義ある未来 : ... (506)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース