慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KO12003001-00002020-0028  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KO12003001-00002020-0028.pdf
Type :application/pdf Download
Size :118.9 KB
Last updated :Mar 28, 2022
Downloads : 93

Total downloads since Mar 28, 2022 : 93
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 植民地期ジャワの米生産における気候インパクトの解明  
カナ ショクミンチキ ジャワ ノ コメ セイサン ニ オケル キコウ インパクト ノ カイメイ  
ローマ字 Shokuminchiki Jawa no kome seisan ni okeru kikō inpakuto no kaimei  
別タイトル
名前 Analysis of climatic impacts on the rice production of colonial Java  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 太田, 淳  
カナ オオタ, アツシ  
ローマ字 Ōta, Atsushi  
所属 慶應義塾大学経済学部  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 福澤基金運営委員会  
カナ フクザワ キキン ウンエイ イインカイ  
ローマ字 Fukuzawa kikin un'ei iinkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 p.  
上位タイトル
名前 福澤諭吉記念慶應義塾学事振興基金事業報告集  
翻訳  
 
 
2020  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究計画は、オーストラリアで申請予定であったプロジェクト "Cascading Hazards in the Indo-pacific World: Seas, Coasts and Hinterlands in an age of Changing Climates" にマッチングファンドとして資金支出することを意図していた。ところが2020年度途中になってプロジェクトリーダーよりマッチングファンドではない別の枠組みで申請することにしたとの連絡があり、予定の支出ができなくなった。そこでオランダに調査に赴き資料を収集したいと考えたが、これもコロナ禍によって断念せざるを得なかった。
そこで今年度は、既に収集していた統計資料のデータ化を進めた。資料は蘭領東インド中央統計局が刊行した、C. W. Bagchus, Maandgemiddelden en bouwgrondoccupaties per district van de negen belangrijkste Inlandsche Landbouwgewassen op Java en Madoera in de jaren 1920 tot en met 1925 (Mededeelingen van het Centraal Kantoor voor de Statistiek 65), Batavia: Landsdrukkerij, 1929 である。本資料は1920-25年におけるジャワ・マドゥラ島の地域消費用主要9作物の栽培・収穫状況の平均値が郡レベルで記載される。そのためこれは、本研究が注目している1903年、1920-21年における稲の不作がどの程度のものであり、それによって農民がどのように他の作物に転換したのかを確かめる基準となる。
そこでアルバイト2名を雇用し、エクセルへの入力を依頼した。その結果州別統計は全て入力を終え、作物別統計は水稲、陸稲、トウモロコシまでを入力し終え、キャッサバの途中まで入力を済ませた。上記不作期の単年度統計は既に入手しているため、今後不昨期の作付けや収穫の状況が1920-25年平均とどのような偏差を持つかという分析が可能となろう。
申請者は2021年度に福澤基金によりオランダに留学するため、旅費を必要としないことから本助成への申請をいったん休止し、2022年度より再回する。
This research project was intended to cooperate with a project proposed for the Australian Research Council, "Cascading Hazards in the Indo-pacific World: Seas, Coasts and Hinterlands in an age of Changing Climates," in the form of matching fund. However, as the project leader decided in the middle of 2020 that they apply for another funding framework without matching funds, it became impossible to use this fund for the intended purpose. Next I pland to do research in the Netherlands for data collection, I had to abandon it because of the global coronavirus epidemic.
Therefore I decided to digitize the information of the material that I had collected before. The chosen material is C. W. Bagchus, Manthly averages and occupation of the arable lands per district of the nine most important Native Crops on Java and Madura during the years 1920 to 1925 inclusive (Bulletin of the central bureau of statistics 65), Batavia: Landsdrukkerij, 1929. This material includes the information of the cultivation and harvest of the 9 important products for domestic consumption, indicating their average figures at the county level. The information from thiis material therefore functions as reference points to compare the data in crop-failure years in 1903 and 1919-20, which I am targeting.
I hired 2 part-time workers to input the data in Excel files. As a result, they finished inputting all the data from the statistics per province, and those of wit-field rice, dry-field rice, maize, and a part of cassava data from the statistics per crop. I have already obtained the data from the above-mentioned crop-failure years, now I can start to analyze the extent and characteristics of the cultivation and production of these years, in comparison with those of average years.
As I conduct research in the Netherlands for the academic year 2021 on the basis of the Fukuzawa-fund (studying abroad), I do not apply for the current fund for the same period. I will apply for the same fund in 2022, in order to continue this project.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記
申請種類 : 福澤基金研究補助
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Mar 28, 2022 10:40:42  
作成日
Mar 28, 2022 10:40:42  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Mar 28, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 福澤諭吉記念慶應義塾学事振興基金事業報告集 / 2020年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (490) 1st
2位 慶應義塾図書館史... (401)
3位 斎藤隆夫の「粛軍... (394)
4位 認知文法から考え... (379)
5位 M&Aにおける... (372)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 A study on the s... (398) 1st
2位 新参ファンと古参... (323)
3位 日本における美容... (281)
4位 新自由主義に抗す... (238)
5位 重陽の詩歌 : 詩... (232)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース