慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KO12003001-00002020-0026  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KO12003001-00002020-0026.pdf
Type :application/pdf Download
Size :123.0 KB
Last updated :Mar 28, 2022
Downloads : 43

Total downloads since Mar 28, 2022 : 43
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル B型肝炎ウイルスの肝細胞特異的侵入機構の解明  
カナ Bガタ カンエン ウイルス ノ カンサイボウ トクイテキ シンニュウ キコウ ノ カイメイ  
ローマ字 Bgata kan'en uirusu no kansaibō tokuiteki shinnyū kikō no kaimei  
別タイトル
名前 Structural basis for the hepatocyte-specific entry of hepatitis B virus  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 横川, 真梨子  
カナ ヨコガワ, マリコ  
ローマ字 Yokogawa, Mariko  
所属 慶應義塾大学薬学部  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 福澤基金運営委員会  
カナ フクザワ キキン ウンエイ イインカイ  
ローマ字 Fukuzawa kikin un'ei iinkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 p.  
上位タイトル
名前 福澤諭吉記念慶應義塾学事振興基金事業報告集  
翻訳  
 
 
2020  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
B型肝炎ウイルス(HBV)は、肝細胞に侵入し肝炎を引き起こす。全世界には約2.4億人の慢性B型肝炎患者が存在し(WHO Fact sheet NO. 204)、慢性B型肝炎は肝癌や肝硬変などの重篤な疾患のリスクを高めるため、B型肝炎の克服は重要な課題である。HBVは、外殻タンパク質のpreS1領域が、肝細胞に特異的に発現した胆汁酸トランスポーター(NTCP)と結合することにより、肝細胞に侵入する。したがって、このpreS1とNTCPの相互作用は抗HBV薬の標的となりうる。そこで本研究は、preS1とNTCPの複合体構造を原子分解能で解明することにより、preS1とNTCPの相互作用の阻害を機序とする薬剤の創製に必要な立体構造情報を得ることを目指した。
NTCPはこれまでに、大腸菌抽出液を用いた無細胞合成系で合成し、界面活性剤であるドデシルマルトシド(DDM)で可溶化して精製することにより、SDS-PAGE上でCBB染色により単一バンドを検出することに成功していた。しかし、このように調製したNTCPでは、preS1結合活性を表面プラズモン共鳴法(SPR)により検出することができなかった。そこで、無細胞タンパク質合成の反応液に脂質と界面活性剤を加え、透析しながら合成を行うことで、脂質二重膜中にNTCPを埋め込むことに成功した。沈殿画分として得たNTCPを含む膜成分に対して超音波破砕を行うことにより、遠心上清にNTCPリポソームを調製する方法を確立した。調製したNTCPリポソームのpreS1結合活性は、共沈降実験により確認した。現在、SPRまたは等温滴定型カロリメトリーによる結合親和性の定量的な解析、およびNMR法によるpreS1上のNTCP結合残基の同定を試みている。
Chronic hepatitis B is a global health problem caused by the hepatitis B virus (HBV) infection, which leads to liver cancer and liver cirrhosis. HBV enters hepatocytes via NTCP, an HBV receptor specifically expressed in the cytoplasmic membrane of hepatocytes, where an N-terminal region referred to as preS1 of an HBV surface protein (L protein) directly binds to NTCP. Therefore, the preS1-NTCP interaction is a potential target for anti-HBV drugs. In this study, we aimed to determine the structure of preS1-NTCP complex at an atomic resolution, which is useful for structure-guided drug design of novel HBV entry inhibitors.
We previously succeeded the NTCP expression using a cell-free protein synthesis system. NTCP was solubilized by n-dodecyl beta-D-maltoside (DDM) and purified as a single band on a CBB-stained SDS-PAGE gel. However, the purified NTCP exhibited no preS1-binding activity in a surface plasmon resonance (SPR) assay. To obtain active NTCP, we performed cell-free protein synthesis using a dialysis system including lipid and detergent within the reaction buffer, leading to the production of NTCP embedded in lipid bilayers. NTCP-containing liposomes were prepared by sonication, and the preS1-binding activity was confirmed by co-sedimentation assay.
Further analyses of the interaction between NTCP-containing liposomes and preS1 are underway by SPR and isothermal titration calorimetry (ITC) to determine the binding affinity and stoichiometry, and NMR to identify the NTCP binding residues on preS1.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記
申請種類 : 福澤基金研究補助
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Mar 28, 2022 10:40:42  
作成日
Mar 28, 2022 10:40:42  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Mar 28, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 福澤諭吉記念慶應義塾学事振興基金事業報告集 / 2020年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ネットワークにつ... (468) 1st
2位 慶應義塾大学薬学... (393)
3位 新自由主義に抗す... (379)
4位 ドイツのSNS対策... (376)
5位 攻撃衝動の体系的... (360)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (805) 1st
2位 独ソ不可侵条約と... (632)
3位 ドイツのSNS対策... (595)
4位 なぜ日本ユニテリ... (594)
5位 アセトアニリドの... (448)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース