慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KO12003001-00002020-0023  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KO12003001-00002020-0023.pdf
Type :application/pdf Download
Size :124.4 KB
Last updated :Mar 28, 2022
Downloads : 115

Total downloads since Mar 28, 2022 : 115
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 「アセンブル型」組織形成法によるin vitroグリンパシステムの構築  
カナ 「アセンブルガタ」ソシキ ケイセイホウ ニ ヨル in vitro グリンパ システム ノ コウチク  
ローマ字 "Asenburugata" soshiki keiseihō ni yoru in vitro gurinpa shisutemu no kōchiku  
別タイトル
名前 Construction of in vitro glymphatic system with "assemble" tissue engineering  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 尾上, 弘晃  
カナ オノエ, ヒロアキ  
ローマ字 Onoe, Hiroaki  
所属 慶應義塾大学理工学部  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 福澤基金運営委員会  
カナ フクザワ キキン ウンエイ イインカイ  
ローマ字 Fukuzawa kikin un'ei iinkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 p.  
上位タイトル
名前 福澤諭吉記念慶應義塾学事振興基金事業報告集  
翻訳  
 
 
2020  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
2020年度(3年計画の2年目)は,ゲルチューブ内で血管組織の培養及び組織化を行った.研究計画1年目に行っていた血管内皮細胞の培養実験を通して,グリンパシステム構築のために十分な機能性を血管に持たせるためには,詳細な培養条件の検討による細胞間の結合状態の制御が必要であることが判明した.そのため,細胞間の結合の確認及び化学物質に対する反応性の確認,さらに化学物質流入のための灌流システムの構築を行った.
具体的には,ゲルチューブ内でヒト血管内皮細胞を培養し増殖させた後,タイトジャンクションの形成を確認した.タイトジャンクションとは血管内皮特有の結合方式で,物質の透過性等を制御し,生体内での物質輸送に大きな役割を果たしている.この結合の形成は,結合タンパクの免疫染色および蛍光高分子の流入により確認された.さらに血管組織に対し,細胞間結合の弛緩作用を持つ化学物質暴露させることで結合機能や物質透過性の変化および応答の確認を行っている.血管内腔への炎症メディエータ(ヒスタミン)の曝露試験の結果,タイトジャンクションの構造変化により透過性が低下するなど,生体内と同様の生化学的反応を血管内皮細胞が示すことが確認された(板井駿・尾上弘晃,第11回マイクロナノ工学シンポジウム,2020年10月発表).
さらに技術的に灌流培養を安定して実施すため,ゲルチューブとチューブとの接続法の改善を実施した.具体的にはシリコーンチューブ表面をシランカップリング剤により分子修飾し,コラーゲンのリシンのアミノ基との結合を促進することで,灌流培養液の漏れを少なくする改良を実施した.これにより実験の安定性が向上し,長期培養や灌流速度を調整した実験が可能となった.
In FY2020 (the second year of the three-year research plan), we cultured and organized vascular tissue in gel tubes. Through the culture experiments of vascular endothelial cells conducted in the first year of the research plan, it was found that to provide blood vessels with sufficient functionality for the construction of the glial system, it was necessary to control the state of cell-cell junctions by examining the detailed culture conditions. Therefore, we confirmed the cell-cell junctions and reactivity to chemical substances and constructed a perfusion system for the chemical influx.
Specifically, we cultured human vascular endothelial cells in gel tubes and confirmed the formation of tight junctions. Tight junctions are a unique binding system of vascular endothelium, which controls the permeability of substances and plays a major role in the transport of substances in vivo. The formation of these junctions was confirmed by immunostaining of the binding proteins and influx of fluorescent polymers. Besides, we have exposed vascular tissues to chemicals that relax intercellular junctions and have confirmed changes in the binding function, permeability and response. As a result of the exposure test of inflammatory mediators (histamine) to the lumen of blood vessels, it was confirmed that vascular endothelial cells showed biochemical responses similar to those in vivo, such as reduced permeability due to structural changes in tight junctions (Shun Itai and Hiroaki Onoe, presented at the 11th Micro-Nano Engineering Symposium, October 2020).
In addition, we improved the connection method between the gel tube and the tube to perform stable perfusion culture technically. Specifically, we modified the silicone tubing surface with a silane coupling agent to promote bonding with the amino group of collagen lysine, thereby reducing the leakage of perfusion culture fluid. As a result, the stability of the experiment was improved, and it became possible to perform long-term culture and experiments with a controlled perfusion rate.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記
申請種類 : 福澤基金研究補助
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Mar 28, 2022 10:40:42  
作成日
Mar 28, 2022 10:40:42  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Mar 28, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 福澤諭吉記念慶應義塾学事振興基金事業報告集 / 2020年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Open-domain dial... (1631) 1st
2位 石垣島の「エコツ... (745)
3位 Bidet toilet use... (533)
4位 731部隊と細菌戦 ... (485)
5位 新自由主義に抗す... (372)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (1065) 1st
2位 インフルエンサー... (492)
3位 興味が引き起こさ... (437)
4位 石垣島の「エコツ... (435)
5位 酢酸エステル類の... (418)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース