慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KO12003001-00002020-0018  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KO12003001-00002020-0018.pdf
Type :application/pdf Download
Size :116.8 KB
Last updated :Mar 28, 2022
Downloads : 146

Total downloads since Mar 28, 2022 : 146
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 重症筋無力症の新規治療法の開発 : BiTE技術の神経-筋疾患への応用  
カナ ジュウショウ キンムリョクショウ ノ シンキ チリョウホウ ノ カイハツ : BiTE ギジュツ ノ シンケイ-キンシッカン エノ オウヨウ  
ローマ字 Jūshō kinmuryokushō no shinki chiryōhō no kaihatsu : BiTE gijutsu no shinkei-kinshikkan eno ōyō  
別タイトル
名前 Development of novel therapeutic strategies for myasthenia gravis  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 森脇, 康博  
カナ モリワキ, ヤスヒロ  
ローマ字 Moriwaki, Yasuhiro  
所属 慶應義塾大学薬学部  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 福澤基金運営委員会  
カナ フクザワ キキン ウンエイ イインカイ  
ローマ字 Fukuzawa kikin un'ei iinkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 p.  
上位タイトル
名前 福澤諭吉記念慶應義塾学事振興基金事業報告集  
翻訳  
 
 
2020  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
抗CD3抗体のscFv (OKT) からリンカーを介しα1サブユニットの細胞外領域(α1nAChRex)を接続したα1-OKTを恒常的に発現するRK13細胞を樹立した。得られたα1-OKTを、抗α1抗体mAb35を産生するハイブリドーマTIB-175、ヒトCD3を発現するJurkatを用いてフローサイトメトリーでの結合性の評価を行った。Jurkatとの結合は確認できたが、TIB-175との結合は確認できなかった。また、細胞傷害活性を確認できるほど十分な量のα1-OKTを得ることはできなかった。そこで、リンカー長の変更やα1nAChRex構造の変更等を行い、α1改変-OKTの作製を進めた。十数種類の変異体を作製し、タンパク質医薬品産生に多用されているCHO DG44細胞で安定的に産生されるα1改変-OKTの作製に成功した。現在、α1改変-OKTのTIB175への結合性について解析を進めている。
α1-OKTの有効性を最終的に評価するには、In vivoでのアッセイが必要である。重症筋無力症モデルラットは電気ウナギから精製したα1nAChRタンパクを免疫することで作製されていることから、本年度は、α1nAChタンパクの精製系の確立を行った。α1nAChのアンタゴニストであるα-ブンガロトキシンをCNBR-アガロースに架橋した担体を用いて、デンキウナギの電気器官からのα1nAChRのアフィニティー精製を行う系を確立した。現在、ラットへの免疫の準備を進めている。
重症筋無力症モデルラットでのα1-OKTの薬効評価ではOKTではなく、ラットに対するCD3抗体を用いる必要がある。抗ラットCD3作製にあたり、大腸菌からrat CD3タンパクを精製、マウスに免疫し、抗血清の産生まで確認している。引き続き、常法に従いモノクローナル抗体を樹立して行く予定である。
We established RK13 cells that constitutively express α1-OKT which linking the extracellular region of the nicotinic acetylcholine receptor α1 subunit (α1nAChR) with single chain Fv of the anti-human CD3 antibody (OKT) via a linker. The binding property of the obtained α1-OKT was evaluated by flow cytometry using the hybridoma TIB-175 that produces the anti-α1nAChR antibody mAb35 and Jurkat that expresses human CD3. The binding with Jurkat was confirmed, but the binding with TIB-175 could not be confirmed. In addition, it was not possible to obtain a sufficient amount of α1-OKT to confirm the cytotoxic activity. Therefore, we changed the linker length and the α1nAChR extracellular structure, and proceeded with the production of α1 modified-OKT. We prepared more than a dozen mutants and succeeded in producing α1 modified-OKT that is stably produced in CHO DG44 cells, which are widely used in protein drug production. We are currently analyzing the binding of α1 modified-OKT to TIB175.
An in vivo assay is required for the final assessment of the efficacy of α1-OKT. Since myasthenia gravis model rats are produced by immunizing the α1nAChR protein purified from electric eels, we established a purification system for the α1nACh protein this year. We have established a system for affinity purification of α1nAChR from the electrical organs of electric eels using a carrier in which α-bungarotoxin, which is an antagonist of α1nACh, is cross-linked to CNBR-agarose. Currently, we are preparing to immunize rats.
In the evaluation of the efficacy of α1-OKT in myasthenia gravis model rats, it is necessary to use CD3 antibody against rats instead of OKT. In the production of anti-rat CD3 antibody, rat CD3 protein was purified from Escherichia coli, immunized with mice, and the production of antiserum was confirmed. We will continue to establish monoclonal antibodies according to the conventional method.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記
申請種類 : 福澤基金研究補助
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Mar 28, 2022 10:40:42  
作成日
Mar 28, 2022 10:40:42  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Mar 28, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 福澤諭吉記念慶應義塾学事振興基金事業報告集 / 2020年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (488) 1st
2位 斎藤隆夫の「粛軍... (419)
3位 慶應義塾図書館史... (414)
4位 認知文法から考え... (395)
5位 M&Aにおける... (383)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 A study on the s... (393) 1st
2位 新参ファンと古参... (321)
3位 日本における美容... (303)
4位 興味が引き起こさ... (252)
5位 新自由主義に抗す... (250)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース