慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KO12003001-00002020-0001  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KO12003001-00002020-0001.pdf
Type :application/pdf Download
Size :247.4 KB
Last updated :Mar 28, 2022
Downloads : 28

Total downloads since Mar 28, 2022 : 28
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 機械的インピーダンスがニューロリハビリテーションに与える影響の解明  
カナ キカイテキ インピーダンス ガ ニューロリハビリテーション ニ アタエル エイキョウ ノ カイメイ  
ローマ字 Kikaiteki inpīdansu ga nyūrorihabiritēshon ni ataeru eikyō no kaimei  
別タイトル
名前  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 野崎, 貴裕  
カナ ノザキ, タカヒロ  
ローマ字 Nozaki, Takahiro  
所属 慶應義塾大学理工学部  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 福澤基金運営委員会  
カナ フクザワ キキン ウンエイ イインカイ  
ローマ字 Fukuzawa kikin un'ei iinkai  
日付
出版年(from:yyyy)  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
[2] p.  
上位タイトル
名前 福澤諭吉記念慶應義塾学事振興基金事業報告集  
翻訳  
 
 
2020  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
世界的な高齢化の進行を背景に、ニューロリハビリテーションによる身体機能の回復に大きな期待が寄せられている。研究代表者は科研費若手研究(A)により力触覚代替と動作代行を実現可能な義手を開発することに成功し、任意の身体部位の動きと任意の身体部位の知覚とを対応付けることを可能にした。本国外留学では、上記研究成果をニューロリハビリテーションの領域へと展開し、義手による四肢欠損者の作業支援のみならず、麻痺患者の身体機能自体の回復を狙うものであった。目的達成のため、本分野の第一人者である米国マサチューセッツ工科大学のHermano Igo Krebs博士のもとに滞在し、人間動作の原理解明と、ニューロリハビリテーションに有効な新たなセンサの開発に取り組んだ。人間動作の原理解明については、力入力タスクにおける人間の応答を離散的動作、周期的動作、目標値遷移動作の観点から解析し、その特性を明らかにした("Characteristics of Human Behavior in Force Modulation while Performing Force Tracking Tasks," 2020 8th IEEE RAS/EMBS International Conference for Biomedical Robotics and Biomechatronics)。力センサの開発に関しては、入射光量によって出力電流が変化するフォトトランジスタに着目し、距離・傾き・接触力を測定可能なセンサの開発に成功した(距離・傾き・接触力を測定可能な光学センサによる接触前可変インピーダンス制御、電気学会産業応用部門産業計測制御研究会)。本成果により、電気学会優秀論文発表賞Aおよび電気学会優秀論文発表賞(電気学会応用部門産業計測制御技術委員会)を受賞した。また、本センサを活用し、ロボットに接近する物体の知覚手法を国際会議IIAEにおいて提案し、Best Paper Awardを受賞した(Perception of Approaching Objects in Bilateral Control Using Proximity Sensor, The 9th IIAE International Conference on Industrial Application Engineering 2021)。さらに、上記センサにおいては対象物の反射率の影響を受けることが欠点であったが、この欠点を光位置センサによって解決し、新たなセンサの開発と撃力低減手法の提案を行った。本成果については本分野トップレベルの国際学術論文誌に採択されるに至った(Takahiro Nozaki and Hermano Igo Krebs, "Development of an Optical Sensor Capable of Measuring Distance, Tilt, and Contact Force," IEEE Transactions on Industrial Electronics, Accepted for Publication [IF: 7.515])。
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記
申請種類 : 福澤基金国外留学
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Mar 28, 2022 10:40:41  
作成日
Mar 28, 2022 10:40:41  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Mar 28, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 福澤諭吉記念慶應義塾学事振興基金事業報告集 / 2020年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ネットワークにつ... (468) 1st
2位 慶應義塾大学薬学... (393)
3位 新自由主義に抗す... (379)
4位 ドイツのSNS対策... (376)
5位 攻撃衝動の体系的... (360)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (805) 1st
2位 独ソ不可侵条約と... (632)
3位 ドイツのSNS対策... (595)
4位 なぜ日本ユニテリ... (594)
5位 アセトアニリドの... (448)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース