慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_26860583seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_26860583seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :118.6 KB
Last updated :Sep 21, 2017
Downloads : 77

Total downloads since Sep 21, 2017 : 77
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル iPS細胞を用いた新規動脈硬化抑制因子の探索  
カナ iPS サイボウ オ モチイタ シンキ ドウミャク コウカ ヨクセイ インシ ノ タンサク  
ローマ字 iPS saibo o mochiita shinki domyaku koka yokusei inshi no tansaku  
別タイトル
名前 The exploratory research to investigate the novel anti-atherosclerotic factor using iPS cells  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 楠本, 大  
カナ クスモト, ダイ  
ローマ字 Kusumoto, Dai  
所属 慶應義塾大学・医学部・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70571727
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2017  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2016  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
動脈硬化の進展には糖尿病などの環境リスク因子が大きな影響を及ぼすが, 患者の遺伝的要因も同様に重要である。中には大変稀であるが, 動脈硬化リスクが非常に高いにもかかわらず動脈硬化の進展が全く認められない患者(抗動脈硬化患者)が存在する。そのような患者は内因性の非常に強い抗動脈硬化機構を有しているはずである。本研究では抗動脈硬化患者より作成した疾患iPS細胞を用いて内因性の抗動脈機構を解明し, 根治を目指した新規治療法開発を行いたいと考えた。
Throughout our lives, we are exposed to cellular stress, which causes age-related diseases, such as metabolic syndromes, atherosclerosis, and cancer. Although we have evolved several innate protective mechanisms from cellular stress, the damage is often cumulative and irreversible. However, in rare cases, patients with strong chronic stress such as uncontrolled diabetes, exhibit minimal organ damage, suggesting that they would have strong innate protective mechanisms. Although there are several methods of genetic analysis, including genome-wide association study and exome sequencing, the vascular protective mechanisms are still unknown. In this study, we used the endothelial cells (ECs) derived from induced pluripotent stem cells (iPSCs) of severe diabetic patients with mild atherosclerosis to examine these innate protective mechanisms and explore a molecular target, to propose a novel vascular protective mechanism against cellular stresses.
 
目次

 
キーワード
動脈硬化  

iPS細胞  

血管内皮細胞  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(B)
研究期間 : 2014~2016
課題番号 : 26860583
研究分野 : 循環器内科
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Sep 21, 2017 15:41:07  
作成日
Sep 21, 2017 15:41:07  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2016年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 石垣島の「エコツ... (808) 1st
2位 新自由主義に抗す... (394)
3位 アイドル文化にお... (391)
4位 組織市民行動が成... (316)
5位 もしも世界がみん... (315)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (730) 1st
2位 石垣島の「エコツ... (636)
3位 解説 : 体液の物... (634)
4位 適応的選好形成と... (567)
5位 姿勢維持における... (551)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース