慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_26820163seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_26820163seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :268.7 KB
Last updated :Sep 21, 2017
Downloads : 266

Total downloads since Sep 21, 2017 : 266
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 遺伝子発現ネットワーク解析のための受動性に基づく不安定性理論  
カナ イデンシ ハツゲン ネットワーク カイセキ ノ タメ ノ ジュドウセイ ニ モトズク フアンテイセイ リロン  
ローマ字 Idenshi hatsugen nettowaku kaiseki no tame no judosei ni motozuku fuanteisei riron  
別タイトル
名前 Passivity-based stability/instability theory for genetic network analysis  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 井上, 正樹  
カナ イノウエ, マサキ  
ローマ字 Inoue, Masaki  
所属 慶應義塾大学・理工学部・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80725680
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2017  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2016  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
受動性を利用した遺伝子ネットワーク系のロバスト性解析理論の構築を目指して研究に取り組み, 以下の成果を得た。1) 一般の非線形動的システムに対する平衡点の不安定性とそのロバスト性を解析するための基礎理論を構築した。そして, 遺伝子ネットワークで生じる振動現象や細胞の初期化・分化を表現する共安定現象に理論を適用して, 現象のロバスト性の定性的な解明から定量的な性能解析をおこなった。2) 遺伝子ネットワークの構成要素が増えることでロバスト性が向上する現象を発見し, そのモデル化をおこなった。そして受動性により説明されたモデルを, 電力系統の設計など他分野の問題へ応用展開できるか検討した。
In this research project, we aim to develop passivity-based robustness analysis of genetic network systems. The following two problems are mainly addressed and solved : 1) Robust instability analysis for general nonlinear dynamical systems is studied. Then, the proposed analysis theory is applied to qualitative and quantitative robustness analysis of oscillatory behavior appears in genetic networks and cell differentiation and reprogramming. 2) We found the robustness of a class of genetic networks is reinforced via the network scale-expansion. The reinforcement is modeled by the interconnection of strictly-passive dynamical systems. It is further investigated that the essence of the model is applicable for design problems in other research fields such as stabilization of power systems.
 
目次

 
キーワード
受動性  

ロバスト性  

遺伝子ネットワーク  

不安定性  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(B)
研究期間 : 2014~2016
課題番号 : 26820163
研究分野 : 制御工学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Sep 21, 2017 15:41:06  
作成日
Sep 21, 2017 15:41:06  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2016年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ネットワークにつ... (468) 1st
2位 慶應義塾大学薬学... (393)
3位 新自由主義に抗す... (379)
4位 ドイツのSNS対策... (376)
5位 攻撃衝動の体系的... (360)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (805) 1st
2位 独ソ不可侵条約と... (632)
3位 ドイツのSNS対策... (595)
4位 なぜ日本ユニテリ... (594)
5位 アセトアニリドの... (448)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース