慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_26820023seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_26820023seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :380.7 KB
Last updated :Jul 29, 2019
Downloads : 160

Total downloads since Jul 29, 2019 : 160
 
タイトル
タイトル 複層鋼板の多軸応力場における塑性変形挙動の解明と材料モデル構築  
カナ フクソウ コウハン ノ タジク オウリョクバ ニ オケル ソセイ ヘンケイ キョドウ ノ カイメイ ト ザイリョウ モデル コウチク  
ローマ字 Fukuso kohan no tajiku oryokuba ni okeru sosei henkei kyodo no kaimei to zairyo moderu kochiku  
別タイトル
名前 Material model for multiaxial and anisotropic plastic deformation of multilayer steel sheets  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 大家, 哲朗  
カナ オオヤ, テツオ  
ローマ字 Oya, Tetsuo  
所属 慶應義塾大学・理工学部・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 10410846
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2016  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2015  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究では, 強い異方性を示す薄板材を用いた成形シミュレーションの精度向上および破壊予測精度向上を目的とした材料モデル構築を行い, 複層鋼板およびアルミニウム合金板を用いた検証を行った。本モデルは異方性表現能力の向上を達成するために, 降伏応力異方性と変形異方性を独立評価できる非関連流れ則に基づいた定式化が行われた。SUS304とSUS420J2からなる複層鋼板とアルミニウム合金板A6016-T6を用意し, 破壊予測シミュレーションと材料パラメータを決定するための実験を行った。これらの解析と実験の結果, 従来モデルでは不可能な力学特性の分析が可能となり, 提案モデルの有用性が明らかとなった。
In this study, a novel material model have been developed for advanced metallic sheets with multilayer structure and anisotropy. The proposed material model is based on non-associated flow rule to describe the yield surface and plastic potential surface independently. This treatment is expected to work well with metallic sheet with strong anisotropy. The developed model was evaluated through experiments with multilayer steel sheets, stainless steel sheets and aluminum alloy sheets. These experimental investigations proved the effectiveness of the model so far. In addition, fracture prediction analysis has been conducted by using 3D bifurcation theory. In this analysis, it was revealed that the orders of the yield and the plastic potential function have influence on the shape of fracture limit curves. Although some problems remain unsolved, the majority of the original plans was carried out and fruitful results were obtained.
 
目次

 
キーワード
材料モデル  

成形シミュレーション  

異方性  

複合材料  

破壊予測  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(B)
研究期間 : 2014~2015
課題番号 : 26820023
研究分野 : 塑性力学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Jul 29, 2019 16:46:59  
作成日
Dec 27, 2016 11:19:14  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Jul 29, 2019    著者,抄録 内容,著者版フラグ を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2015年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 サイバーセキュリ... (591) 1st
2位 ダイナミック・ケ... (281)
3位 新自由主義に抗す... (259)
4位 大学生の生活スト... (181)
5位 731部隊による細... (141)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 クラウドストレー... (5978) 1st
2位 アセトアニリドの... (756)
3位 ルミノールとルシ... (616)
4位 日本におけるクラ... (609)
5位 ジャニーズのアイ... (444)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース