慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_26800105seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_26800105seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :368.7 KB
Last updated :Sep 21, 2017
Downloads : 66

Total downloads since Sep 21, 2017 : 66
 
タイトル
タイトル ミリ波-サブミリ波観測で探る銀河系中心活動性  
カナ ミリハ-サブミリハ カンソク デ サグル ギンガケイ チュウシン カツドウセイ  
ローマ字 Miriha-sabumiriha kansoku de saguru gingakei chushin katsudosei  
別タイトル
名前 Investigating activities in milky way's central molecular zone through observations in millimeter and submillimeter wavelengths  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 田中, 邦彦  
カナ タナカ, クニヒコ  
ローマ字 Tanaka, Kunihiko  
所属 慶應義塾大学・理工学部・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 00534562
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2017  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2016  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
銀河系の中心核活動, 中心核近傍の爆発的星形成に関わる, 分子雲化学組成や中心核へのガス降着の研究を行った。直接の目的は, 銀河系中心近傍の中性炭素原子雲の正体の解明である。サブミリ波帯の中性炭素原子輝線のASTE10-m望遠鏡による広域探査, ALMA望遠鏡による高分解能高精度観測を行い, また新規開発した手法による統計解析を組み合わせて中性炭素原子濃度の決定要因を調査した。中性炭素原子雲の分布と中心核近傍へ向かうガス流との共通点が多く見出される一方, 衝撃波解離や宇宙線解離の強い影響を示す統計は得られなかった。これにより比較的低密度の中心核への降着ガスが中性炭素ガスで鮮明に捉えられる可能性が示された。
Investigation of molecular chemistry in the Galactic central region and gas accretion to the nucleus has been conducted through observations of atomic/molecular lines in the millimeter and sumillimeter wavelengths. The immediate aim was to understand the origin of the cloud with atypically rich abundance of atomic carbon. We have performed a large scale mapping of the atomic carbon line using the ASTE 10-m telescope and a high-sensitivity and high-resolutional observation of atomic carbon in the circumnuclear reiong using ALMA. Chemical processes that determine the abundance of atomic carbon has been searched using a new method we have newly developed for this study. We have shown that the atomic carbon cloud is likely to trace gas streaming to the nucleus, but no evidence has been found for the effects of the cosmic-ray dissociation or mechanical dissociation. The atomic carbon cloud may provide a new means by which we observe gas accretion to the circumnuclear region.
 
目次

 
キーワード
電波天文学  

星間化学  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(B)
研究期間 : 2014~2016
課題番号 : 26800105
研究分野 : 天文学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Sep 21, 2017 15:41:06  
作成日
Sep 21, 2017 15:41:06  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2016年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 アイドル文化にお... (524) 1st
2位 日韓会談と日韓国... (413)
3位 組織市民行動が成... (357)
4位 もしも世界がみん... (319)
5位 ドイツのSNS対策... (315)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 1950年前後の加藤... (725) 1st
2位 アセトアニリドの... (561)
3位 Instagram解析に... (534)
4位 日本市場における... (485)
5位 家族主義と個人主... (458)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース