慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_26730078seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_26730078seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :289.5 KB
Last updated :Jul 30, 2019
Downloads : 314

Total downloads since Jul 30, 2019 : 314
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 脳リズム構造に着目したマルチモーダル感覚情報処理機構の解明  
カナ ノウ リズム コウゾウ ニ チャクモクシタ マルチモーダル カンカク ジョウホウ ショリ キコウ ノ カイメイ  
ローマ字 No rizumu kozo ni chakumokushita maruchimodaru kankaku joho shori kiko no kaimei  
別タイトル
名前 Clarification of the multisensory information processing mechanism with a focus on brain rhythm structure  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 青山, 敦  
カナ アオヤマ, アツシ  
ローマ字 Aoyama, Atsushi  
所属 慶應義塾大学・環境情報学部・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 40508371
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2017  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2016  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
左右が反転した立体音響空間をウェアラブルに実現し, この特殊空間への約1ヶ月間に亘る接触時における順応過程を脳磁界計測法を用いて調べた。この接触によって, 新しい統合ルールに基づいて情報間の誤差を補正する知覚と関連した早い順応, 統合処理の優先度を変化させる行動と関連した遅い順応, およびそれらの中間過程の存在が明らかになった。また早い順応と遅い順応は, 各々, 脳リズムと誘発応答に反映されていると考えられた。マルチモーダル感覚情報処理は, 一般にユニモーダルな脳活動の和では説明できない付加活動の観点から議論されてきたが, 動的特性を有する構造化された脳リズムも重要であることが本研究によって明らかになった。
Left-right reversed stereophonic space was achieved in a wearable manner, and adaptation processes during about one-month exposure to this unusual space were examined using magnetoencephalography. The exposure revealed the presence of early adaptation related to perception in which cross-sensory errors are compensated based on a new integration rule, late adaptation related to behavior in which a priority of integration processing is changed, and their intermediate process. Moreover, the early and late adaptations are considered to be reflected in brain rhythms and evoked responses, respectively. Although multisensory information processing has been typically discussed from a viewpoint of additive brain activity that cannot be explained by a summation of unimodal activity, this study revealed the importance of structured brain rhythms with dynamic characteristics in addition to it.
 
目次

 
キーワード
神経科学  

脳・神経  

脳情報科学  

脳機能計測  

感覚情報処理  

多感覚統合  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(B)
研究期間 : 2014~2016
課題番号 : 26730078
研究分野 : 脳情報学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Jul 30, 2019 11:14:09  
作成日
Sep 21, 2017 15:41:06  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Jul 30, 2019    著者,抄録 内容,本文URI URI を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2016年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 石垣島の「エコツ... (808) 1st
2位 新自由主義に抗す... (394)
3位 アイドル文化にお... (391)
4位 組織市民行動が成... (316)
5位 もしも世界がみん... (315)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (730) 1st
2位 石垣島の「エコツ... (636)
3位 解説 : 体液の物... (634)
4位 適応的選好形成と... (567)
5位 姿勢維持における... (551)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース