慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_26713050seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_26713050seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :265.8 KB
Last updated :Jul 26, 2019
Downloads : 624

Total downloads since Jul 26, 2019 : 624
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 子宮移植による妊孕性再建技術の開発 : 霊長類動物を用いた基礎実験と社会の意識調査  
カナ シキュウ イショク ニ ヨル ニンヨウセイ サイケン ギジュツ ノ カイハツ : レイチョウルイ ドウブツ オ モチイタ キソ ジッケン ト シャカイ ノ イシキ チョウサ  
ローマ字 Shikyu ishoku ni yoru ninyosei saiken gijutsu no kaihatsu : reichorui dobutsu o mochiita kiso jikken to shakai no ishiki chosa  
別タイトル
名前 Uterus transplantation research with cynomolgus monkeys and survey of attitudes toward uterus transplantation  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 木須, 伊織  
カナ キス, イオリ  
ローマ字 Kisu, Iori  
所属 慶應義塾大学・医学部・特任助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 30445267
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2016  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2015  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
カニクイザルを用いて子宮同種移植を行い, 手術手技の確立, 免疫抑制剤プロトコールの検証, 拒絶診断の確立, 免疫応答の検証を行った。また, 移植後に月経の回復を認めたが, 術後に拒絶反応をきたし, カニクイザルにおける子宮移植モデル作製には拒絶反応の制御が重要な課題として挙げられた。また, 子宮虚血許容時間の検証を行い, 温阻血4時間まではその後に月経の回復を認めたが, 8時間では子宮は萎縮した。以上より, 子宮の温阻血許容時間はカニクイザルにおいては4時間は許容されることが判明した。さらに, 生殖年齢女性に対して子宮移植のアンケートを行い, 子宮移植が個人的にも社会的にも許容される技術として支持される傾向であった。
We performed uterus allo-transplantation with cynomolgus monkeys. Establishments of surgical procedure, protocol of immunosupressants and rejection diagnosis were examined in this study. The allowable warm ischemic time was examined and it was figured out that four hours was acceptable in cynomolgus monkeys, but the uterus which kept ischmemia for 8 hours was atrophied. Moreover, surveys of attitudes toward uterus transplantation was performed with internet web-site. Our results suggest that many Japanese women of reproductive age feel that UTx is socially and individually acceptable, but that concerns requiring further discussion remain among these women. There was also a tendency for UTx to be viewed more favorably than gestational surrogacy.
 
目次

 
キーワード
生殖医学  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(A)
研究期間 : 2014~2015
課題番号 : 26713050
研究分野 : 婦人科腫瘍
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Jul 26, 2019 10:14:36  
作成日
Dec 27, 2016 11:19:12  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Jul 26, 2019    著者,抄録 内容,注記 を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2015年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 慶應義塾大学日吉... (1004) 1st
2位 「危険の予見可能... (659)
3位 731部隊と細菌戦 ... (383)
4位 新自由主義に抗す... (370)
5位 ガールクラッシュ... (358)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (975) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (765)
3位 酢酸エステル類の... (691)
4位 慶應義塾大学日吉... (637)
5位 渋沢栄一と朝鮮 :... (575)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース