慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_26640132seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_26640132seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :503.9 KB
Last updated :Jan 6, 2017
Downloads : 264

Total downloads since Jan 6, 2017 : 264
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 高速・高精細三次元1分子測定システムの開発  
カナ コウソク・コウセイサイ サンジゲン 1ブンシ ソクテイ システム ノ カイハツ  
ローマ字 Kosoku koseisai sanjigen 1bunshi sokutei shisutemu no kaihatsu  
別タイトル
名前 Development of high-speed, high-resolution 3D single-molecule measurement system  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 舟橋, 啓  
カナ フナハシ, アキラ  
ローマ字 Funahashi, Akira  
所属 慶應義塾大学・理工学部・生命情報学科・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70324548

名前 広井, 賀子  
カナ ヒロイ, ノリコ  
ローマ字 Hiroi, Noriko  
所属 慶應義塾大学・理工学部・生命情報学科・専任講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 20548408
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2016  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2015  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
細胞分裂過程における微小管動態の制御機構は未だ明らかにされていない点が多く, これを明らかにする上で3次元的な微小管動態を定量的に評価することが重要である。しかし, 現行の顕微鏡システムでは焦点移動における技術的な問題から分裂期微小管動態の解析が困難であった。本研究課題では電気式焦点可変レンズ(ETL)を顕微鏡に組み込むことで分裂期微小管動態の3次元解析を可能とするトラッキングシステムを構築し, 分裂期微小管動態の3次元トラッキングを行い, 平均速度及びlifetimeを算出した。今後の展望として, 長時間観察を可能とする実験系の構築, 微小管動態の観測による紡錘体結合タンパク質の機能解析が挙げられる。
Although cell division is a well-known physiological event and historical target of biological research, the molecular mechanisms remains poorly understood area of biology. Quantification of the microtubule dynamics in 3D is a key to reveal the mechanisms. However, due to the physical constraints of samples or the microscope objective in the 3D, conventional microscopes are not suitable for 3D analysis of microtubules. We solved this problem by attaching Electrically tunable lens (ETL) to the microscope and using the ETL as a focusing device. By using our system, we measured the microtubule dynamics in mitosis and acquired quantitative data. The mean value of growth speed at 3D was statistically faster than the 2D result, on the other hand, there was no significant difference between the lifetime of at 3D analysis and 2D analysis because of the quick bleach of fluorescent proteins. We are planning to improve the experimental method to achieve long time analysis of the microtubules.
 
目次

 
キーワード
1分子計測  

コンピュータ制御  

画像処理  
NDC
 
注記
研究種目 : 挑戦的萌芽研究
研究期間 : 2014~2015
課題番号 : 26640132
研究分野 : 定量生物学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 27, 2016 11:19:08  
作成日
Dec 27, 2016 11:19:08  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2015年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (609) 1st
2位 実践的推論の合理... (449)
3位 新自由主義に抗す... (444)
4位 統治の思想と実務... (395)
5位 Brain Tech guide... (316)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (1163) 1st
2位 なぜ日本ユニテリ... (846)
3位 独ソ不可侵条約と... (775)
4位 アセトアニリドの... (602)
5位 インフルエンサー... (390)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース