慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_26620159seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_26620159seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :662.3 KB
Last updated :Jan 6, 2017
Downloads : 272

Total downloads since Jan 6, 2017 : 272
 
タイトル
タイトル 超分子集積化による励起ダイナミクス制御と革新的光エネルギー変換機能発現  
カナ チョウブンシ シュウセキカ ニ ヨル レイキ ダイナミクス セイギョ ト カクシンテキ ヒカリ エネルギー ヘンカン キノウ ハツゲン  
ローマ字 Chobunshi shusekika ni yoru reiki dainamikusu seigyo to kakushinteki hikari enerugi henkan kino hatsugen  
別タイトル
名前 Preparation and photophysical property of organized molecular assemblies having light energy conversion functionalities  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 羽會部, 卓  
カナ ハソベ, タク  
ローマ字 Hasobe, Taku  
所属 慶應義塾大学・理工学部・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70418698
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2016  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2015  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
多環芳香族炭化水素 (PAH)は一般にp型半導体の性質を持ち, 置換基導入によって自己組織的な集積構造の形成が可能である。このようなPAH誘導体にヘテロユニットを導入すると光および電子物性の制御が期待できる。そこで本研究では, 代表的なPAHであるトリフェニレン を基盤として基本骨格にヘテロ原子や置換基の導入を行い, 電気化学特性や励起ダイナミクスの制御に成功した。特に, TPh骨格に窒素原子およびトリイミドを縮環させたヘキサアザトリフェニレントリイミド (HAT-TIm)は優れたn型特性を示した。さらに, HAT-TImとポルフィリンと組み合わせた超分子型光エネルギー変換系(CT錯体)へ展開した。
Charge-transfer (CT) π-complexes are formed between planar porphyrins and 1, 4, 5, 8, 9, 12-hexaazatriphenylene (HAT) derivatives with large formation constants, exhibiting broad CT absorption bands. The unusually large formation constants result from close face-to-face contact between two planar π-planes of porphyrins and HAT derivatives. The redox potentials of porphyrins and HAT derivatives measured by cyclic voltammetry indicate that porphyrins and HAT derivatives act as electron donors and acceptors, respectively. Formation of 1 : 1 CT complexes between porphyrins and HAT derivatives was examined by the UV-vis, fluorescence and 1H NMR measurements in nonpolar solvents. The occurrence of unprecedented ultrafast photoinduced electron transfer from the porphyrin unit to the HAT unit in the CT π-complex was observed by femtosecond laser flash photolysis measurements. Highly linear aggregate composed of a planar porphyrin and an HAT derivative was observed by TEM and AFM.
 
目次

 
キーワード
分子集合体  

光エネルギー変換  
NDC
 
注記
研究種目 : 挑戦的萌芽研究
研究期間 : 2014~2015
課題番号 : 26620159
研究分野 : 超分子化学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 27, 2016 11:19:07  
作成日
Dec 27, 2016 11:19:07  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2015年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 人びとはどのよう... (888) 1st
2位 ドイツのSNS対策... (356)
3位 記憶の社会学・序... (332)
4位 越境するファシズ... (331)
5位 伊藤隆太君学位請... (323)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Design and evalu... (3138) 1st
2位 The impact of se... (2247)
3位 Implementation a... (2236)
4位 Prevalence of TE... (2226)
5位 The development ... (2217)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース