慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_26560469seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_26560469seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :2.2 MB
Last updated :Sep 21, 2017
Downloads : 515

Total downloads since Sep 21, 2017 : 515
 
タイトル
タイトル グルコース代謝フラックスの脳内イメージング  
カナ グルコース タイシャ フラックス ノ ノウナイ イメージング  
ローマ字 Gurukosu taisha furakkusu no nonai imejingu  
別タイトル
名前 Visualization and quantification of fluxes of glucose metabolic pathways in brain  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 杉浦, 悠毅  
カナ スギウラ, ユウキ  
ローマ字 Sugiura, Yuki  
所属 慶應義塾大学・医学部・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 30590202

名前 高田, 則雄  
カナ タカタ, ノリオ  
ローマ字 Takata, Norio  
所属 慶應義塾大学・医学部・特任講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 50415212

名前 田中, 謙二  
カナ タナカ, ケンジ  
ローマ字 Tanaka, Kenji  
所属 慶應義塾大学・医学部・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 30329700
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2017  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2016  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
中枢神経系を構成する細胞は活動に応答してグルコース代謝量と代謝経路を変動させる。例えば動物個体への刺激に応答した神経興奮は, 特定の脳部位のグルコース代謝量を増加させる。このような局所で生じる機能的グルコース代謝変動の解析には分子イメージング法が有用である。本研究では質量分析を用いた脳内グルコース代謝経路の網羅的トレースと, そのイメージング法を開発した。具体的には, 質量分析の分子網羅性を活用した13C標識グルコース代謝産物群の一斉同定/定量法(安定同位体メタボロミクス)と, これらの一斉イメージング(安定同位体イメージング質量分析)を開発し, 新規の神経/グリア間をシャトルされる代謝因子を同定した。
In response to a stimuli, neurons and astrocytes alter their metabolic pathways to fit their elevated energy demands. For example, it is known that a stimulation to an animal increase the amount of glucose consumption in the brain region specific manner. To understand molecular mechanism of this phenomenon, a molecular imaging approach is effective. In this research, we developed the novel flux analysis using stable isotopes in combination with MALDI imaging mass spectrometry, as well as quantitative metabolomics. Those lead us to answer the questions including "during a neural stimulation, in what anatomical regions of the brain, is which metabolic derangement occurring?". We finally identified a novel metabolic mediator shuttled between neurons and astrocytes up on the stimulation.
 
目次

 
キーワード
脳代謝  

イメージング質量分析  

fMRI  

グルコース代謝  
NDC
 
注記
研究種目 : 挑戦的萌芽研究
研究期間 : 2014~2016
課題番号 : 26560469
研究分野 : 分析化学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Sep 21, 2017 15:41:05  
作成日
Sep 21, 2017 15:41:05  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2016年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ドイツのSNS対策... (659) 1st
2位 組織市民行動が成... (453)
3位 ネットワークにつ... (443)
4位 もしも世界がみん... (333)
5位 人びとはどのよう... (321)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (892) 1st
2位 中和滴定と酸塩基... (431)
3位 刑法における因果... (410)
4位 Instagram解析に... (405)
5位 ドイツのSNS対策... (396)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース