慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_26461620seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_26461620seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :99.2 KB
Last updated :Oct 12, 2018
Downloads : 181

Total downloads since Oct 12, 2018 : 181
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル DNAメチル化制御によるネフロン数減少の治療の試み  
カナ DNA メチルカ セイギョ ニ ヨル ネフロンスウ ゲンショウ ノ チリョウ ノ ココロミ  
ローマ字 DNA mechiruka seigyo ni yoru nefuronsu gensho no chiryo no kokoromi  
別タイトル
名前 Prevention of low nephron number by modulation of DNA methylation  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 粟津, 緑  
カナ アワズ, ミドリ  
ローマ字 Awazu, Midori  
所属 慶應義塾大学・医学部・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 20129315

名前 飛彈, 麻里子  
カナ ヒダ, マリコ  
ローマ字 Hida, Mariko  
所属 慶應義塾大学・医学部・共同研究員  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 20276306
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2017  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2016  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
母体低栄養(NR)後腎ではDNAメチル化を担うDNA基転移酵素のうちDNMT1が減少しており, 全般的DNAメチル化低下の一因と考えられた。また器官培養系でDNAメチル化を抑制すると尿管芽分岐, 腎成長が抑制され, 葉酸をNRラットに補給すると胎仔の尿管芽分岐, 腎サイズ減少, 糸球体密度, DNAメチル化低下が改善された。さらに器官培養系で葉酸を含むメチル基ドナー欠乏は尿管芽分岐, 腎成長を抑制し, NR後腎を葉酸存在下で培養すると病態が改善された。以上からDNAメチル化は腎発生に必要であり, NR後腎の病態の一因はDNAメチル化低下であると考えられた。また葉酸によるネフロン数減少の予防の可能性が示された。
In metanephroi from embryos of nutrient restricted rat dams, global DNA methylation is reduced, and the reduction in DNA methyltransferase 1, an enzyme that maintains DNA cytosine methylation, was thought to be the cause. DNA methylation inhibitor 5-Aza-2'-deoxycytidine inhibited ureteric branching and metanephros growth in organ culture. On the other hand, folic acid supplementation to nutrient restricted mothers improved the reduction in ureteric branching, kidney size, glomerular density, and DNA methylation in the fetal kidney. Medium deficient in methyl donors including folic acid decreased ureteric branching and metanephros growth in organ culture, whereas the addition of folic acid to the medium improved the phenotype of metanephroi of fetuses from nutrient restricted mothers. Thus DNA methylation is necessary for kidney development and maternal folic acid supplementation may prevent low nephron number due to maternal nutrient restriction.
 
目次

 
キーワード
小児腎・泌尿器学  

ネフロン数  

DNAメチレーション  

エピジェネティクス  

母体低栄養  

尿管芽分岐  

DNAメチルトランスフェラーゼ  

器官培養  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)(一般)
研究期間 : 2014~2016
課題番号 : 26461620
研究分野 : 内科系臨床医学・小児科学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 12, 2018 13:54:11  
作成日
Sep 21, 2017 15:41:04  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 12, 2018    著者 カナ,著者版フラグ を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2016年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Human body pose ... (311) 1st
2位 新自由主義に抗す... (289)
3位 DAOの法的地位と... (271)
4位 「余白的コミュニ... (266)
5位 個人・組織両面で... (258)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 人と違っててもい... (3141) 1st
2位 気象変化による片... (588)
3位 なぜ神が存在する... (578)
4位 サイバーセキュリ... (496)
5位 インフルエンサー... (313)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース