慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_26440191seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_26440191seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :182.0 KB
Last updated :Jul 30, 2019
Downloads : 233

Total downloads since Jul 30, 2019 : 233
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル メダカ頭蓋顔面形態の多様性 : 個体差を担う遺伝子を探す  
カナ メダカ トウガイ ガンメン ケイタイ ノ タヨウセイ : コタイサ オ ニナウ イデンシ オ サガス  
ローマ字 Medaka togai ganmen keitai no tayosei : kotaisa o ninau idenshi o sagasu  
別タイトル
名前 Variations in the medaka craniofacial morphology : searching for the responsible genes  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 新屋, みのり  
カナ シンヤ, ミノリ  
ローマ字 Shinya, Minori  
所属 慶應義塾大学・商学部・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 00372946

名前 成瀬, 清  
カナ ナルセ, キヨシ  
ローマ字 Naruse, Kiyoshi  
所属 基礎生物学研究所・バイオリソース研究室・特任教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 50208089
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2017  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2016  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
頭蓋顔面形態は多様性に富む興味深い形質であり, その形成には環境と遺伝要因の両方が関わるとされている。我々は頭蓋顔面形態の多様性形成に関わる遺伝子の同定を目指し, メダカを用いた統計遺伝学的解析を実施した。その結果, 形質とゲノム領域との関連を複数見出し, 形質L33の関連ゲノム領域を6番染色体の約5Mbpに絞り込むことに成功した。また, 形質D29に対する二つの関連ゲノム領域の検証を進めたが, いずれも陰性であった。もう一つの形質V13では, 形質自体が環境の影響を受けやすく不安定であることが判明し, 解析不能との判断を下した。今後まもなくL33の絞り込みが完了し, 遺伝子の同定へと進める予定である。
Craniofacial morphology is a complex but interesting trait with high variety within a species while maintaining the particular morphology of the species. Logical questions have been posed in order to address variations in cranial morphology, such as how these traits are inherited, which genes regulate the diversity, and how differences between individuals within a species are generated during developmental or life processes. To answer these questions, we had performed quantitative trait loci (QTL) analyses using medaka. QTL analysis suggested the relationships between L33 and chromosome (chr) 6, D29 and chr 15, D29 and chr 22, and V13 and chr 5. Narrowing analysis using congenic strains revealed that about 5 Mbp region of chr 6 affects to L33. On the other hand, D29 were failed to be confirmed the relationships with both chr 15 and 22. V13 was turned out to be too unstable to analyze further.
 
目次

 
キーワード
量的形質  

QTL  

頭蓋顔面形態  

メダカ  

統計遺伝学的解析  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)(一般)
研究期間 : 2014~2016
課題番号 : 26440191
研究分野 : 発生遺伝学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Jul 30, 2019 14:21:15  
作成日
Sep 21, 2017 15:41:02  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Jul 30, 2019    著者,著者版フラグ を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2016年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ネットワークにつ... (478) 1st
2位 なぜ日本ユニテリ... (452)
3位 ドイツのSNS対策... (423)
4位 慶應義塾大学薬学... (400)
5位 新自由主義に抗す... (389)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (802) 1st
2位 独ソ不可侵条約と... (633)
3位 ドイツのSNS対策... (580)
4位 インフルエンサー... (465)
5位 アセトアニリドの... (454)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース