慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_26293258seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_26293258seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :557.3 KB
Last updated :Jul 31, 2019
Downloads : 278

Total downloads since Jul 31, 2019 : 278
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル デスモグレイン3特異的細胞性免疫が誘導する皮膚炎モデルの分子病態の解明  
カナ デスモグレイン 3 トクイテキ サイボウセイ メンエキ ガ ユウドウスル ヒフエン モデル ノ ブンシ ビョウタイ ノ カイメイ  
ローマ字 Desumogurein 3 tokuiteki saibosei meneki ga yudosuru hifuen moderu no bunshi byotai no kaimei  
別タイトル
名前 Molecular mechanism of skin inflammation induced by desmoglein 3-specific T cells  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 高橋, 勇人  
カナ タカハシ, ハヤト  
ローマ字 Takahashi, Hayato  
所属 慶應義塾大学・医学部・専任講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 40398615

名前 天谷, 雅行  
カナ アマガイ, マサユキ  
ローマ字 Amagai, Masayuki  
所属 慶應義塾大学・医学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 90212563

名前 佐々木, 貴史  
カナ ササキ, タカシ  
ローマ字 Sasaki, Takashi  
所属 慶應義塾大学・医学部・専任講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70306843

名前 O'Shea, John  
カナ  
ローマ字  
所属 National Institute of Musculoskeletal and Skin Diseases, National Institutes of Health, USA  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2017  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2016  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
Interface dermatitis(ID)は扁平苔蘚, 重症薬疹, GVHDや腫瘍随伴性天疱瘡など様々な皮膚疾患で共通して認められる病理組織像であるが, その分子メカニズムの詳細は不明である。本研究では遺伝子改変マウスを駆使してIDのメカニズムを解析し, その結果T細胞の転写因子であるT-bet, Stat1が重要であることを明らかにした。一方, 新しい免疫学的な概念の創出を目指し, IL-27下流で特異的に働く遺伝子を抽出したところ, コレステロール代謝酵素が同定でき, その働きが免疫制御に寄与することを明らかにした。本研究成果は皮膚炎における将来の新しい治療法の開発に大きく役立つことが期待できる。
Interface dermatitis is a pathological feature which is commonly observed in a variety of skin diseases including lichen plans, severe drug adverse reaction, graft-versus-host disease, paraneoplastic pemphigus and so on. The molecular mechanism that leads to interface dermatitis has not been understood. In this project, we took advantage of genetically engineered mice and discovered that T-bet and Stat1, crucial transcriptional factors in T cell differentiation, are keys in development of interface dermatitis. On the other hand, we also sought to establish a novel concept in the field of Immunology in this project. Through investigating genes which are specifically induced by interleukin (IL)-27, we found that cholesterol metabolizing enzyme is induced by IL-27 and the function contributes to immune regulation. Our results are promisingly expected to be useful to invent a new treatment for skin inflammatory diseases in the future.
 
目次

 
キーワード
Interface dermatitis  

Desmoglein  

T cell  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(B)(一般)
研究期間 : 2014~2016
課題番号 : 26293258
研究分野 : 皮膚免疫
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Jul 31, 2019 16:46:26  
作成日
Sep 21, 2017 15:41:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Jul 31, 2019    著者 を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2016年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 なぜ日本ユニテリ... (492) 1st
2位 ネットワークにつ... (476)
3位 ドイツのSNS対策... (452)
4位 慶應義塾大学薬学... (426)
5位 新自由主義に抗す... (402)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (783) 1st
2位 ドイツのSNS対策... (546)
3位 楽天とアマゾンの... (496)
4位 インフルエンサー... (482)
5位 独ソ不可侵条約と... (444)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース