慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_26293233seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_26293233seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :159.0 KB
Last updated :Jul 29, 2019
Downloads : 395

Total downloads since Jul 29, 2019 : 395
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 分泌蛋白質キナーゼの制御機構の解明と関節リウマチ治療への応用  
カナ ブンピ タンパクシツ キナーゼ ノ セイギョ キコウ ノ カイメイ ト カンセツ リウマチ チリョウ エノ オウヨウ  
ローマ字 Bunpi tanpakushitsu kinaze no seigyo kiko no kaimei to kansetsu riumachi chiryo eno oyo  
別タイトル
名前 Investigation of regulatory mechanism of secretory protein kinase and its application for treatment of rheumatoid arthritis  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 竹内, 勤  
カナ タケウチ, ツトム  
ローマ字 Takeuchi, Tsutomu  
所属 慶應義塾大学・医学部リウマチ内科・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 50179610

名前 鈴木, 勝也  
カナ スズキ, カツヤ  
ローマ字 Suzuki, Katsuya  
所属 慶應義塾大学・医学部リウマチ内科・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70306695

名前 中川, 種昭  
カナ ナカガワ, タネアキ  
ローマ字 Nakagawa, Taneaki  
所属 慶應義塾大学・医学部歯科口腔外科・教授  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク 科研費研究者番号 : 00227745

名前 仲, 哲治  
カナ ナカ, テツジ  
ローマ字 Naka, Tetsuji  
所属 高知大学・教育研究部臨床医学部門・教授  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク 科研費研究者番号 : 30303936

名前 竹下, 勝  
カナ タケシタ, マサル  
ローマ字 Takeshita, Masaru  
所属 慶應義塾大学・医学部リウマチ内科・特任助教  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク 科研費研究者番号 : 10571135
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2017  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2016  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
研究代表者は末梢血を用いた研究で, 関節リウマチの病態と関連する分子として翻訳後修飾にかかわる分子であるFAM20Aを同定している。本研究ではFAM20Aに対する抗体を作成し, FAM20Aの遺伝子発現, タンパク発現について病変部位との関連含めて検討した。その結果, 関節リウマチの滑膜線維芽細胞においてもFAM20Aが発現しており, さらに複数のサイトカインによりFAM20Aが誘導されていることが明らかになり, 翻訳後修飾と関節リウマチ病態の関わりが強く示唆される知見を得た。
We have identified FAM20A which regulates post-transcriptional protein modification as a molecule associated with pathophysiology of rheumatoid arthritis in the previous research using peripheral blood. In this research, we generated anti-FAM20A antibody and deeply analyzed association between FAM20A and affected sites. Our investigation successfully revealed the expression affected site and its induction by inflammatory cytokines. These findings suggested that post-transcriptional protein modification involved in pathophysiology of rheumatoid arthritis.
 
目次

 
キーワード
関節リウマチ  

FAM20A  

キナーゼ  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(B)(一般)
研究期間 : 2014~2016
課題番号 : 26293233
研究分野 : リウマチ・膠原病学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Jul 29, 2019 15:02:53  
作成日
Sep 21, 2017 15:41:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Jul 29, 2019    著者 を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2016年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (422) 1st
2位 慶應義塾大学薬学... (420)
3位 ネットワークにつ... (406)
4位 実践的推論の合理... (403)
5位 攻撃衝動の体系的... (347)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (1555) 1st
2位 なぜ日本ユニテリ... (845)
3位 独ソ不可侵条約と... (633)
4位 ドイツのSNS対策... (584)
5位 アセトアニリドの... (497)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース