慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_26115007seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_26115007seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :186.6 KB
Last updated :Dec 17, 2020
Downloads : 60

Total downloads since Dec 17, 2020 : 60
 
タイトル
タイトル 老化ストレスシグナルによる腸管上皮幹細胞制御機構の解明  
カナ ロウカ ストレス シグナル ニ ヨル チョウカン ジョウヒ カンサイボウ セイギョ キコウ ノ カイメイ  
ローマ字 Rōka sutoresu shigunaru ni yoru chōkan jōhi kansaibō seigyo kikō no kaimei  
別タイトル
名前 Understanding of the stem cell aging regulation in intestinal stem cells  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 佐藤, 俊朗  
カナ サトウ, トシロウ  
ローマ字 Satō, Toshirō  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町)・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70365245
publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
腸管上皮は体内で最も増殖の速い組織であり,その新陳代謝は陰窩底部にある幹細胞が担っている.細胞増殖に際して一定頻度のゲノム変異が生じるが,腸管上皮細胞に加齢とともにゲノム変異がどの程度蓄積するかはわかっていない.佐藤らは,ヒト腸管上皮幹細胞のオルガノイド培養を用い,正常および疾患組織において,腸管上皮幹細胞が加齢とともにどの程度蓄積し,疾患形質に結びつくかを検討した.その結果,腸管上皮幹細胞は1細胞当たりおよそ40変異/年の速度で蓄積し,発がん関連遺伝子変異の原因となることが示唆された.また,潰瘍性大腸炎による炎症によって変異速度が加速し,炎症に対する耐性に関与することを見出した.
Intestinal epithelium is the highest proliferative tissue in our body, and its self-renewal is fueled by intestinal stem cells resided at crypt bottoms. Cell proliferation ensues inevitable genomic mutations, however, it remains unknown to what extent intestinal stem cells accumulate genomic mutations along with aging. In this study, using human intestinal organoid culture, Sato et al. determined the dynamics of genomic mutations in healthy and diseased epithelium in association with aging and its relationship with disease phenotype. As a result, the mutation rate was projected to be 40 mutations/year in single intestinal stem cell. Moreover, we demonstrated that mucosal inflammation of ulcerative colitis accelerated the mutation rate of intestinal stem cells and acquired genetic mutations related to the resistance against inflammation.
 
目次

 
キーワード
大腸癌  

炎症性腸疾患  

オルガノイド  

幹細胞  

老化  
NDC
 
注記
研究種目 : 新学術領域研究(研究領域提案型)
研究期間 : 2014~2018
課題番号 : 26115007
研究分野 : 内科学, 消化器内科
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 17, 2020 14:00:11  
作成日
Oct 31, 2019 11:11:01  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 31, 2019    インデックス を変更
Dec 17, 2020    プレビュー,本文,抄録 内容,NDC を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2018年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 アイドル文化にお... (524) 1st
2位 日韓会談と日韓国... (413)
3位 組織市民行動が成... (357)
4位 もしも世界がみん... (319)
5位 ドイツのSNS対策... (315)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 1950年前後の加藤... (725) 1st
2位 アセトアニリドの... (561)
3位 Instagram解析に... (534)
4位 日本市場における... (485)
5位 家族主義と個人主... (458)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース