慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_25889049seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_25889049seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :300.3 KB
Last updated :Aug 5, 2019
Downloads : 1447

Total downloads since Aug 5, 2019 : 1447
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 強誘電ドメインの運動性を制御した高温用非鉛圧電セラミックスの開発  
カナ キョウユウデン ドメイン ノ ウンドウセイ オ セイギョシタ コウオンヨウ ヒエン アツデン セラミックス ノ カイハツ  
ローマ字 Kyoyuden domein no undosei o seigyoshita koonyo hien atsuden seramikkusu no kaihatsu  
別タイトル
名前 Development of lead-free piezoelectric ceramics with mobility-controlled ferroelectric domains for high-temperature applications  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 萩原, 学  
カナ ハギワラ, マナブ  
ローマ字 Hagiwara, Manabu  
所属 慶應義塾大学・理工学部・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 30706750
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2015  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2014  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
圧電セラミックスを高温においてアクチュエータとして用いるためには, ドメイン壁の運動の制御が不可欠である。本研究ではまず, 高いキュリー温度を有するビスマスフェライト系の固溶体セラミックスにおいて添加物および粒子サイズがドメインスイッチングにおよぼす影響を明らかにした。また, セラミックス内部の欠陥濃度に空間分布をもたせることによるドメインの運動性の制御を目指し, 粒界付近にMnイオンが偏在したチタン酸バリウム焼結体を作製した。その結果, Mnイオンを粒界に偏在させた試料では無添加のチタン酸バリウムセラミックスに比べて分極状態の温度安定性が向上することを明らかにした。
For the high-temperature actuator applications of piezoelectric ceramics, it is necessary to control the mobility of ferroelectric domain walls. In this study, we firstly revealed the influence of dopant and grain size on the domain switching in BiFeO3-based lead-free piezoelectric ceramics with high Curie temperatures. In order to control the domain wall motions by introducing the inhomogeneous distribution of point defects in piezoelectric ceramics, we also tried to concentrate Mn ions near grain boundaries in BaTiO3 ceramics. It was demonstrated that the polarized state in the resulting ceramic was more stable than that in an undoped BaTiO3 ceramic.
 
目次

 
キーワード
圧電セラミックス  

アクチュエーター  

非鉛  

格子欠陥  
NDC
 
注記
研究種目 : 研究活動スタート支援
研究期間 : 2013~2014
課題番号 : 25889049
研究分野 : 無機材料化学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Aug 05, 2019 16:53:40  
作成日
Apr 11, 2016 09:45:54  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Aug 5, 2019    著者,抄録 内容,ジャンル を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2014年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (488) 1st
2位 斎藤隆夫の「粛軍... (419)
3位 慶應義塾図書館史... (414)
4位 認知文法から考え... (395)
5位 M&Aにおける... (383)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 A study on the s... (393) 1st
2位 新参ファンと古参... (321)
3位 日本における美容... (303)
4位 興味が引き起こさ... (252)
5位 新自由主義に抗す... (250)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース