慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_25820389seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_25820389seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :1000.0 KB
Last updated :Apr 11, 2016
Downloads : 474

Total downloads since Apr 11, 2016 : 474
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル マイクロバブルの溶解・収縮を利用した結晶核生成機構の解明  
カナ マイクロバブル ノ ヨウカイ・シュウシュク オ リヨウシタ ケッショウカク セイセイ キコウ ノ カイメイ  
ローマ字 Maikurobaburu no yokai shushuku o riyoshita kesshokaku seisei kiko no kaimei  
別タイトル
名前 Elucidation of formation mechanism of crystal nucleus by using dissolution and shrinkage of a microbubble  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 藤岡, 沙都子  
カナ フジオカ, サトコ  
ローマ字 Fujioka, Satoko  
所属 慶應義塾大学・理工学部・専任講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 50571361
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2015  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2014  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
静止流体中におけるマイクロバブル(以下μB)の溶解・収縮挙動に関する詳細な知見を得るため, 液-気-液3相合流型のマイクロチャネルを用いた観察を行った。気液流量変化による流動様式の変化を観察し, μBが生成する条件を明らかにした。次に液相に酸素呈色試薬を添加し溶存酸素濃度場の可視化を行い, μBの急激な溶解・収縮により溶存気体高濃度場が形成されることを明らかにした。また操作条件がμB溶解・収縮に及ぼす影響を調べ, マイクロチャネル内圧力の増加および初期液相溶存酸素濃度の減少がμBの急激な溶解・収縮を促進させることを明らかにした。さらにμB溶解・収縮挙動モデルを検討し, 実測値と計算値に良好な一致を得た。
Gas-liquid flow was investigated in flow-focusing type microchannel to study dissolution and shrinkage of microbubbles in detail. A flow pattern map was proposed by varying flow rates of gas and liquid. Condition for stable formation of microbubbles was elucidated. Distribution of dissolved gas was visualized by using the oxygen-sensitive dye. It was confirmed that locally high dissolved gas concentration area was formed around a microbubble by fast dissolution and shrinkage of the microbubble. Moreover, the effects of operational conditions on dissolution and shrinkage rate were investigated. Increase in pressure and/or decrease in initial dissolved gas concentration enhanced fast dissolution of microbubbles. Finally, a mathematical model was considered to estimate the time course of diameter of dissolving and shrinking microbubble. Calculation results from this model showed good agreement with measured values.
 
目次

 
キーワード
microbubble  

dissolution  

shrinkage  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(B)
研究期間 : 2013~2014
課題番号 : 25820389
研究分野 : 化学工学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Apr 11, 2016 09:45:51  
作成日
Apr 11, 2016 09:45:51  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2014年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Human body pose ... (311) 1st
2位 新自由主義に抗す... (289)
3位 DAOの法的地位と... (271)
4位 「余白的コミュニ... (266)
5位 個人・組織両面で... (258)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 人と違っててもい... (3141) 1st
2位 気象変化による片... (588)
3位 なぜ神が存在する... (578)
4位 サイバーセキュリ... (496)
5位 インフルエンサー... (313)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース