慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_25750387seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_25750387seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :532.2 KB
Last updated :Jan 6, 2017
Downloads : 153

Total downloads since Jan 6, 2017 : 153
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 標的糖質を選択的にラベル化する人工機能性レクチンの創製と細胞表層エンジニアリング  
カナ ヒョウテキ トウシツ オ センタクテキ ニ ラベルカスル ジンコウ キノウセイ レクチン ノ ソウセイ ト サイボウ ヒョウソウ エンジニアリング  
ローマ字 Hyoteki toshitsu o sentakuteki ni raberukasuru jinko kinosei rekuchin no sosei to saibo hyoso enjiniaringu  
別タイトル
名前 Creation of artificial functional lectins for target-selective labeling of carbohydrates and their application to cell surface engineering  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 高橋, 大介  
カナ タカハシ, ダイスケ  
ローマ字 Takahashi, Daisuke  
所属 慶應義塾大学・理工学部・専任講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 00509929
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2016  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2015  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究では, 標的糖質を選択的にラベル化する新たな人工機能性レクチンの創製と応用を目的とした基盤研究を行った。
まず, 人工機能性レクチンを合成するための基盤技術の開発に取り組み, 標的レクチンを選択的に単離・ラベル化する固相アフィニティラベル化法(第一世代)の開発に成功した。また, 本手法が薬剤の標的タンパク同定法としても有望であることを明らかにした。さらに, より温和な条件下でレクチンのラベル化が行える光切断型の固相アフィニティラベル化法(第二世代)の開発を検討し, 目的とする人工機能性レクチンを創製する上で重要な指針を得ることできた。
Toward the creation of novel artificial functional lectins, a solid-phase affinity labeling method (1st generation) using a designed and synthesized chemical tool was developed. It was found that the solid-phase affinity labeling reaction of target-lectin (Con A or PNA) selectively and effectively proceeded even in the presence of other proteins. In addition, it was successfully demonstrated that target-selective isolation and modification of the native protein, hCA II, was feasible, even from human cell lysate. With these results, it is expected that this method will be applicable for target-selective isolation and modification of unknown target receptor proteins of biologically active small molecules. Furthermore, a novel solid-phase affinity labeling method (2nd generation) using a designed and synthesized photo-cleavable chemical tool to improve the efficiency of the cleavage reaction. These results will contribute to the creation of the purposed artificial functional lectins.
 
目次

 
キーワード
糖鎖認識  

レクチン  

ラベル化  

人工機能性タンパク  

固相反応  

光反応  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(B)
研究期間 : 2013~2015
課題番号 : 25750387
研究分野 : 有機合成化学, 糖質化学, 化学生物学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 27, 2016 11:19:01  
作成日
Dec 27, 2016 11:19:01  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2015年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ネットワークにつ... (468) 1st
2位 慶應義塾大学薬学... (393)
3位 新自由主義に抗す... (379)
4位 ドイツのSNS対策... (376)
5位 攻撃衝動の体系的... (360)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (805) 1st
2位 独ソ不可侵条約と... (632)
3位 ドイツのSNS対策... (595)
4位 なぜ日本ユニテリ... (594)
5位 アセトアニリドの... (448)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース