慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_25702034seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_25702034seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :256.5 KB
Last updated :Jan 6, 2017
Downloads : 439

Total downloads since Jan 6, 2017 : 439
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 意識下学習を活用したロボティック・リハビリテーション手法の開発と検証  
カナ イシキカ ガクシュウ オ カツヨウシタ ロボティック・リハビリテーション シュホウ ノ カイハツ ト ケンショウ  
ローマ字 Ishikika gakushu o katsuyoshita robotikku rihabiriteshon shuho no kaihatsu to kensho  
別タイトル
名前 Development of robotic motor rehabilitation that facilitates implicit learning  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 牛場, 潤一  
カナ ウシバ, ジユンイチ  
ローマ字 Ushiba, Junichi  
所属 慶應義塾大学・理工学部・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 00383985
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2016  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2015  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
外骨格ロボットの特長である「キネマティクス/ダイナミクスの精密制御性」と, ロボットによる基礎的運動学習研究の成果である「無意識的な運動学習」を活かした, リーチング動作に関する新しいリハビリテーション手法の概念実証研究をおこなった。具体的には, 上肢到達運動訓練時に自動的に運動負荷や介助を与えるロボティック・リハビリテーション法を開発し, 被験者に気づかれることなく発揮張力や使用手選択に関わる意思決定プロセスについて, 無意識的な運動学習を進めることが可能であることを示した。また, パイロット解析の結果から, その際に関わる脳領域を検出することが可能であることを示した。
The present study focused on the advantages of exoskeleton type robotic devices, i.e. precise controllability of kinematics/dynamics and possible accessibility to implicit motor learning process, and tested the feasibility of its application to arm motor rehabilitation to promote upper limb reaching movements. Gradual increment of force applied to one arm was first programmed, and tested its effects on decision making of arm choice and force exerted. The results showed implicit learning can be induced both in healthy and stroke patients with hemiplegia. The pilot study also showed feasibility that functional MRI and Volume based morphometry can detect associated cortical/sub-cortical areas that are used underlying such am implicit motor learning. These study shows the feasibility of implicit learning by exoskeleton robotic intervention in arm motor rehabilitation.
 
目次

 
キーワード
ロボットリハビリテーション  

運動学習  

上肢到達運動  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(A)
研究期間 : 2013~2015
課題番号 : 25702034
研究分野 : リハビリテーション医学, 神経科学, 生体医工学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 27, 2016 11:18:59  
作成日
Dec 27, 2016 11:18:59  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2015年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ネットワークにつ... (468) 1st
2位 慶應義塾大学薬学... (393)
3位 新自由主義に抗す... (379)
4位 ドイツのSNS対策... (376)
5位 攻撃衝動の体系的... (360)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (805) 1st
2位 独ソ不可侵条約と... (632)
3位 ドイツのSNS対策... (595)
4位 なぜ日本ユニテリ... (594)
5位 アセトアニリドの... (448)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース