慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_25670737seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_25670737seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :358.8 KB
Last updated :Jul 29, 2019
Downloads : 307

Total downloads since Jul 29, 2019 : 307
 
タイトル
タイトル 涙液分泌とエネルギー代謝  
カナ ルイエキ ブンピツ ト エネルギー タイシャ  
ローマ字 Ruieki bunpitsu to enerugi taisha  
別タイトル
名前 The energy metabolism and tear secretion  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 坪田, 一男  
カナ ツボタ, カズオ  
ローマ字 Tsubota, Kazuo  
所属 慶應義塾大学・医学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 40163878

名前 鳥居, 秀成  
カナ トリイ, ヒデマサ  
ローマ字 Torii, Hidemasa  
所属 慶應義塾大学・医学部・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 50445326
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2015  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2014  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
糖尿病モデルであるdb/dbマウスを用いてメタボリックシンドロームがおよぼす涙液機能への変化を検討した。糖尿病モデルとしてdb/dbマウスを使用し体重および涙液量を測定した。涙液機能の検査はマウスを無麻酔で補綴後, 綿糸を眼瞼下部に挿入し30秒間の涙液測定を行った。左右の涙液貯留量を測定し, 涙液量とした。経時的に体重および涙液を測定した結果, db/dbマウスの体重はdb/mマウスと比べて高値を示した。db/dbマウスの涙液分泌量はdb/mマウスと比べて有意に低値を示した。血液生化学的検査の結果血糖値が有意に高値を示した。以上から涙液機能低下にはエネルギー代謝が変化していることが明らかとなった。
The db/db mice were the animal model for a rodent model of type 2 diabetes. We investigated the molecular mechanism of tear secretion and metabolic changes.
We used db/db mice and their non-diabetic db/m mice in all experiments. Measurement of tear secretion was performed once a month with a phenol red thread. It was placed on the temporal side of the lower eyelid margin for 30 seconds. After measurement, the mice were sacrificed, lacrimal gland extirpated and lacrimal gland were used all experiments. Serum samples were collected for biochemical analysis. Body weight of db/db mice were significantly increased than db/m mice. In the biochemical analysis of the serum, blood glucoce were significantly higher in the db/db group than in the db/m. At the 3-month time-point of the experiment, tear secretion was decreased by the db/db mice compared to the db/m mice. We concluded those energy metabolism genes are key molecules for tear secretion.
 
目次

 
キーワード
ドライアイ  

涙腺  

涙液  
NDC
 
注記
研究種目 : 挑戦的萌芽研究
研究期間 : 2013~2014
課題番号 : 25670737
研究分野 : ドライアイ
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Jul 29, 2019 12:41:38  
作成日
Apr 11, 2016 09:45:51  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Jul 29, 2019    著者,著者版フラグ を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2014年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 宋元刊両唐書およ... (1133) 1st
2位 戦争と友愛のはざ... (425)
3位 ジャニーズのアイ... (348)
4位 731部隊による細... (258)
5位 新自由主義に抗す... (232)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 宋元刊両唐書およ... (2494) 1st
2位 アセトアニリドの... (1258)
3位 ジャニーズのアイ... (675)
4位 Instagram解析に... (477)
5位 新参ファンと古参... (435)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース